@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西高東低の気圧型【せいこうとうていのきあつがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西高東低の気圧型
せいこうとうていのきあつがた
中国大陸など日本の西方に高気圧が,日本の東海上に低気圧がある気圧配置型。冬の代表的な気圧配置で,その特徴は,日本を通る等圧線がだいたい南北方向に走り,しかも等圧線の間隔が狭いことである。主風向は北西。冬季シベリアに発達した寒気が大規模に極地方から大陸へ南下し,さらにアジア東岸に流れ出すために起こる。この気圧配置のときは日本海側は雨か雪になり,太平洋側は晴天になる。持続性があるため,日本海側では雨や曇雨天が続き,太平洋側は晴天続きの天気になる。中国北東部や朝鮮半島でいわれる三寒四温は,この気圧配置をもたらす大陸高気圧の勢力に 1週間程度の周期の強弱があることを示している。(→南高北低の気圧型

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西高東低の気圧型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西高東低の気圧型の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation