@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

要塞地帯【ヨウサイチタイ】

デジタル大辞泉

ようさい‐ちたい〔エウサイ‐〕【要塞地帯】
要塞とその周辺の地域。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

要塞地帯
1899(明治32)年制定の要塞地帯法砲台など軍施設の周囲に設けた区域基線からの距離で第1区(450メートル以内)、第2区(1360メートル以内)、第3区(4090メートル以内)に分かれ、範囲は約500メートル間隔の要塞地帯標で示された。
(2011-08-10 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

精選版 日本国語大辞典

ようさい‐ちたい エウサイ‥【要塞地帯】
〘名〙 国防のため海岸・国境・都市などに建設した防御営造物の周囲の陸地と海面を含む区域をいう。法律により、立ち入り・撮影などが禁止されることが多い。
※要塞地帯法(明治三二年)(1899)七条「要塞地帯内水陸の形状を測量、撮影、摸写、録取することを得ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要塞地帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

要塞地帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation