@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

見参【ゲザン】

デジタル大辞泉

げ‐ざん【見参】
げんざん」の撥音の無表記。
「弁少将なども、―ばかりにてまかづるを」〈・梅枝〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐ざん【見参】
[名](スル)《「けんざん」とも》
参上して目上の人に対面すること。げざん。げんぞう。
「婿が岳父(しゅうと)に―するという風に」〈鴎外
目上の人が目下の者に会ってやること。げざん。げんぞう。
「我御前(わごぜ)があまりにいふことなれば、―して帰さん」〈平家・一〉
節会(せちえ)や宴会などに出席すること。また、出席者が記して、その主人の前に差し出すこと。げざん。げんぞう。
「陣に付きて宣命、―を見給ひける間」〈著聞集・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐ぞう〔‐ザウ〕【参】
げんざん(見参)」に同じ。
「それもお目が参ったならば、御―であらうず」〈虎寛狂・今参

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん‐ざん【見参】
[名](スル)げんざん(見参)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんざん【見参】
〈けざん〉〈げざん〉〈けんざん〉とも読む。平安時代より見られる用語で,目下の者が目上の者のもとへ上して対面すること。また逆に目上の者が目下の者を出頭させ対面すること,すなわち引見,謁見。また官人が節会や宴会に出席することもいう。〈見参に入る〉とは,高貴の人に面会する,または高貴の人に見せる意となる。はじめ侍が主従関係を結ぶ場合,名簿(みようぶ)を捧呈する慣習であったが,武士の間にあってはその式は廃れ,源頼朝の場合も,戦陣の間のこととて,おおむね御家人として,単に初参(ういざん)の礼をとらせただけであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げざん【見参】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

げ‐ざん【見参】
〘名〙 (「げんざん」の撥音「ん」の無表記)
※源氏(1001‐14頃)梅枝「内の大殿の頭中将、弁少将なども、げざむばかりにてまかづるを、とどめさせ給ひて」
※宇治拾遺(1221頃)一「かれ御らんぜよ。候ひし狐のげざんするを」
※宇津保(970‐999頃)楼上下「十一月ついたちより、いとはるかにて、げざんとてわたらせ給ふほども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐ざん【見参】
〘名〙
① 上代、節会(せちえ)、宴会などに出席すること。また、出席者の名を書き連ねて、御前に提出すること。またその名簿。
※類聚国史‐七五・曲宴・天長八年(831)八月丙寅「見参五位已上賜祿有差」
② 目下の者が目上の人に対面すること。拝掲。また、その挨拶(あいさつ)のことば。
※令集解(868)選叙「朱云。〈略〉答。依文。更注見参不参之人名帳申送耳」
③ 目上の者が目下の者に対面すること。謁見。引見。
※高野本平家(13C前)一「入道、いでいでわごぜがあまりにいふ事なれば、見参(ゲンザン)してかへさむとて」
④ 法会・集会などへの衆僧の出仕を確認すること。出欠をとること。
※大乗院寺社雑事記‐応仁元年(1467)五月二三日「現参被之。筆師訓芸〈願信房〉、鈍色・五帖けさ」
⑤ 武士が新しく主従関係を結ぶにあたって、主人に直接対面すること。→見参に入る
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「同き十八日に、明卿初て見参せしめられたり」
[語誌](1)①の意では史書や記録類を中心に古くから例が見える。
(2)鎌倉期以降は身分差がさほどない相手を訪れて面会する場合にも「見参」が用いられるようになり、貴人に会う際には特に「見参に入る」(「入る」は四段活用)の形が取られることが多くなった。
(3)「見参」を「参会」や「対面」の意で用いるのは日本独自の用法で、中国の文献には見られない。
(4)中古、中世には撥音「ん」の無表記形「げざん」が多く見られるが、「見参」と漢字表記の例は便宜上「げんざん」の項目に収めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐ぞう ‥ザウ【見参】
〘名〙 「げんざん(見参)」の変化した語。
※歌謡・田植草紙(16C中‐後)朝哥二番「つゆにしょぼぬれてな、けさのけんそうげにうらやかなとのだ」
※古活字本毛詩抄(17C前)一二「若尓鬼神共なり。ありにもならば、えけんさうも申まいぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん‐ざん【見参】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見参」の用語解説はコトバンクが提供しています。

見参の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation