@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

見当【ケントウ】

デジタル大辞泉

けん‐とう〔‐タウ〕【見当】
大体の方向・方角。「駅はこの見当です」
はっきりしていない事柄について大体の予想をすること。見込み。「犯人の見当はついている」「見当をつける」
版画や印刷で、刷る紙の位置を決めるための目印。その形からトンボともいう。
(接尾語的に用いて)数量を表す語に付いて、その程度の数量であることを表す。…ぐらい。「五〇人見当

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐とう ‥タウ【見当】
[1] 〘名〙
① めざすべき、だいたいの方向。めあて。
※合巻・金儲花盛場(1830)上「楊弓〈略〉きさまのあなをねらっているが、とかくけんとうがはづれる」
② だいたいの推測、判断をすること。予想すること。価値などを見計らうこと。また、その結果。
※塵芥集‐蔵方之掟(1533)「絹布之類者、見当半分仁可取」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「自己の何物かは中々見当がつき悪くいと見えて」
③ 弓矢などの的(まと)
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉八「此次(たび)は所謂標的(ケントウ)を連ねて、墨を塗り、これを印す」
④ 版画や印刷などで、摺る紙の位置を決めるための目印。〔版画の技法(1927)〕
[2] 〘接尾〙 数詞について、おおよその数である意を表わす語。…ぐらい。…内外。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉四「まア、今はトウエンテイ見当の月給で結構だよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐あた・る【見当】
〘自ラ五(四)〙 捜していたものが見つかる。目につく。
※浮世草子・好色万金丹(1694)二「古き書にては見あたり侍らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐あて【見当】
〘名〙
① 行き先の目じるし。目標。めあて。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕「二丁ばかり行くと、直に明りが見えるから、その火かげを見当(ミアテ)に行くがいい」
② 先行きの予想、また、予定。将来の見込みや、心づもり。めあて。めど。けんとう。
※歌舞伎・敵討噂古市(正直清兵衛)(1857)三幕「それも一つはこっちの見当(ミアテ)、素人ながら押出は、一と言って二丁目につづく者のない器量」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みえ‐あた・る【見当】
〘自ラ四〙 自然にみつかる。見あたる。
※狂言記・盗人連歌(1730)「又誰殿は、両人共に見知ていられます程に、自然みへあたりたりとも、別の事も御座るまひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見当」の用語解説はコトバンクが提供しています。

見当の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation