@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

見所【けんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

見所
けんしょ
能楽堂の観客席舞台正面って左側の橋懸りの前の脇正面両者の間の中正面に分けられる。地謡座の裏 (舞台の右側) にのあるところもある。また観客をもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けん‐じょ【見所】
《「けんしょ」とも》
見物席。観客席。また、見物人。主に能楽でいう。
芸の上で悟りえたところ。芸のみどころ。
「目利きの見出だす―にあるべし」〈花鏡
見地。立場。
「親句、疎句の―をはなれ侍るべしとなり」〈ささめごと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐どころ【見所/見処】
見るべきところ。見る価値のあるところ。また、見落としてはならない点。「この映画の―」
今後を期待できる優れた点。将来性。「彼は―のある若者だ」
見て判断のよりどころとする点。めじるし。
「そこにはちっと―がござります」〈咄・無事志有意〉
けんじょ(見所)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

見所
能の見るべきところをいう。見物人または場所を指す場合もある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

けんしょ【見所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんじょ【見所】
けんしょとも
能楽堂などの見物席。また、そこで見る人。 -の御意見を待つべきをや/風姿花伝
見物人。観客。
芸の見るべきところ。みどころ。 目ききの見出す-にあるべし/花鏡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みどころ【見所】
見る価値のあるところ。注目すべきところ。 芝居の- -は立ち合いにある
将来の見込み。将来性。 -のある青年
見て判断する点。見分ける点。 我に何の-有て罪に落すや/浮世草子・新可笑記 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐じょ【見所】
〘名〙 (「けんしょ」とも) (主に能楽関係で用いられて)
① 見物の場所。見物席。
※花鏡(1424)舞声為根「見所より見る所の風姿は、我が離見也」
② 見物人。観客。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「こと葉を尋ね、品を求めて、けん所の御意見を待つべきをや」
③ 見所(みどころ)。目のつけ所。また転じて、その人の見方。見解。
※花鏡(1424)妙所之事「ただ、大かたの見物衆の見所(けんじょ)には、何とやらん面白きと見る見風あるべし」
④ 芸の上にあらわれるところ。
※至花道(1420)皮・肉・骨の事「おのづから上手に出生したる瑞力の見所(ケンショ)を、骨とや申べき」
⑤ 芸の上で悟り得たところ。見抜いたところ。
※花鏡(1424)奥段「比外、覚者智によりて、又、別に見所あるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みせ‐どころ【見所】
〘名〙 とくに人に見せてやりたい得意な場面。見せるべき重要なところ。見せ場。
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉恋の学問「彼女への好意を見(ミ)せどころやと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みる【見】 所(ところ)
① 見る価値のあるところ。みどころ。
※源氏(1001‐14頃)東屋「後見にもせまほしう、みる所ありて、思ひ始めし事なり」
② 見て思うところ。
※随筆・槐記‐享保一〇年(1725)正月九日「歌と茶をあれほどに忌まれしも、見る処ありてなるべき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

見所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation