@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

規格化【キカクカ】

デジタル大辞泉

きかく‐か〔‐クワ〕【規格化】
[名](スル)
製品の品質・形状・寸法などを規格に合わせて統一すること。「製品を規格化する」
思想や行動を画一的な型にはめること。「規格化された思考

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

規格化
 標準化ともいう.特定の商品について,諸特性を均一にすること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きかくか【規格化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きかくか【規格化】
スル
規格(標準)に合わせて統一すること。 製品を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

規格化
きかくか
正規化、規準化ともいう。抽象的なベクトル空間でベクトルの大きさ(ノルムとよぶ)を1にするように適当な数(規格化定数という)を掛ける手続をいう。量子力学では、1個の粒子のふるまいを波動関数Ψ(x,y,z,t)で表すことが多いが、その場合|Ψ(x,y,z,t)|2dxdydzは、時刻tにその粒子を位置(x,y,z)のところの微小領域dxdydz内にみいだす確率に比例する。そこでこの確率を全空間で積分したもの

が1になるように、あらかじめ波動関数に適当な数を掛けておくと便利なので、この手続を規格化という。関数は、ヒルベルト空間とよばれる無限次元空間のベクトルの一つの表現とみなすことができるので、波動関数を使わない量子力学の一般的な形式でも、粒子のふるまいを表す状態ベクトルというものは、ノルムが1になるように規格化することが多い。多粒子系の場合でもまったく同様である。[小出昭一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きかく‐か ‥クヮ【規格化】
〘名〙
① 工業製品などの品質、形状、寸法を規格に合わせて統一すること。標準化。
※家具の選び方と使ひ方(1943)〈剣持勇〉一「隙間のない造形と、規格化された材料の使ひ方と、堅牢な構造とによって」
② 考え方、思想などを一定の方向や範囲に合致させること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規格化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規格化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation