@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

規模・規摹【きぼ】

精選版 日本国語大辞典

き‐ぼ【規模・規摹】
〘名〙 (「規」は、円形をかく道具、コンパスのこと。「模」は、物の型のこと)
① 物の構え。結構。しくみ。また、全体の計画。企画。構想。きも。
※懐風藻(751)序「憲章法則、規摹弘遠、夐古以来、未之有也」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「またその近隣に至るまで、この工事を移し、規模(〈注〉ガカイ)悉く広大なり」 〔漢書‐高帝紀・下〕
② 正しい例。模範。手本。法則。規範。
※左経記‐長元五年(1032)五月四日「当朝以保憲陰陽基摸、何以彼抄為謬説乎」
※徒然草(1331頃)九九「累代の公物(くもつ)、古弊をもちて規模とす。たやすくあらためられがたきよし」 〔張衡‐帰田賦〕
③ (他への手本、模範となるところから) ほまれ。名誉。ほこり。てがら。面目。
※太平記(14C後)一〇「多年の所望、氏族の規摸(キボ)とする職なれば、今は冥途の思出にもなれかしと」
※日葡辞書(1603‐04)「コレ ワガ イエノ qibonari(キボナリ)
④ 眼目。重要な点。
※申楽談儀(1430)能書く様、その三「松が崎の能に、松が咲きけりと云言葉、此松が崎の能にきほなれば」
⑤ 面子(めんつ)。めんもく。多く「きぼが立つ」の形で用いられる。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)三「父の苗字を賜はれば、勘助が身の規模は立つ」
⑥ ききめ。甲斐(かい)。効果。多く「きぼがある(ない)」の形で用いる。
※日葡辞書(1603‐04)「ソレガシ コレマデ サンジタ qibomo(キボモ) ナイ」
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)序幕「それでおれも口をきいた規模(キボ)がある」
⑦ 報い。代償。また、返礼。
※歌舞伎・桜姫東文章(1817)五幕「世帯道具の二人が温袍(どてら)、身ぐるみ出して丸裸、一切おれに渡したら、それを規模(キボ)に済ませてやらうワ」
⑧ 根拠。証拠。よりどころとなるもの。
※洒落本・当世気どり草(1773)瀬川菊の露「是ぞといふて家内へ見せる慥な証拠を下されかし、それを規模(キホ)に立帰り」
[語誌]元来、漢語では①②のように、結構や仕組み、また、模範や規範の意味を持つ語であったが、日本では中世に「他への手本」の意味から、③の意を派生し、近世になると文脈に応じてさまざまな意味で用いられたが、現代ではもっぱら原義の「結構・仕組み」の意味で用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規模・規摹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規模・規摹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation