@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

規矩【キク】

デジタル大辞泉

き‐く【規×矩】
コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。
考えや行動の規準とするもの。手本。規則。
「詩歌といい、舞踏といい、皆それぞれに―をそなえて」〈逍遥小説神髄
規矩術」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐く【規矩】
〘名〙
① コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「規矩は、円する者は分廻しするぞ。四方にするは金ぞ」
② 動作などが規則正しく行なわれること。
※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「博帯繞身。規矩之歩継踵」
③ (━する) 規準とするもの。規則、手本など。また、規準とすること。
※本朝文粋(1060頃)一・視雲知隠賦〈大江以言〉「羣豪時有退蔵。五色即垂規矩
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「持戒梵行は、すなはち禅門の規矩なり、仏祖の家風なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規矩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規矩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation