@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

視力検査【シリョクケンサ】

とっさの日本語便利帳

視力検査
裸眼視力と、レンズを挿入した場合の矯正視力がある。矯正視力で一・〇以上が正常。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

しりょくけんさ【視力検査】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

視力検査
しりょくけんさ

視力を調べる検査には遠距離視力検査と近距離視力検査があり、それぞれに裸眼視力検査と矯正視力検査がある。また視力は検査の条件によって異なるので、標準検査法が定められている。視標の基準はランドルト環であるが、ランドルト環と可視度の等しい文字や数字なども用いられる。日本では0.1とか1.0といった表現が用いられているが、欧米では20/100、20/20といった分数の形で表現する。分子がその人が見える距離で、分母は正常者が見える距離である。たとえば20/100は0.2に相当し、0.2の視標をその人は20フィートでやっと読めるのに、正常者は100フィートで読めるという意味である。日本では5メートル用試視力表を500ルクスの照度で照明するのが、基準となっている。

 視力検査の順序は、まず右眼の裸眼視力、ついで左眼の裸眼視力を測定したのち、テストレンズを用いて矯正視力を測定する。近視の場合は最良の視力が得られるいちばん弱い凹レンズを、遠視の場合は最良の視力が得られるいちばん強い凸レンズを、それぞれ矯正レンズとして用いる。また、そのレンズの度数(ジオプトリー)で近視および遠視の度を表すことになっている。

 以上述べた方法はいずれも被検者の応答によって視力を検定するものであるが、他覚的に視力を検定しようとする試みもある。その一つは視性眼振を応用した方法である。視性眼振とは、列車の窓から沿線の景色を見ているときなどに現れる眼球の動きであり、眼前で白黒の縞(しま)模様を動かしてもおきてくる。その縞模様の幅をだんだん狭くしていくと、縞模様の判別がつかなくなり、眼球の動きが止まる。このときの縞模様の幅が視力に対応するというのが原理である。

 近距離視力の測定は、近距離視力表を用いて行う。これにはいろいろな種類のものがあるが、いずれも30センチメートルの距離に換算した視標が印刷されている。老眼が始まっていなければ、近距離視力はおおよそその人の視力を表しているので、だいたいの視力を表すのに使われる。また老眼の読書眼鏡を決めるときにも、近距離視力表が使われる。

[松井瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しりょく‐けんさ【視力検査】
〘名〙 視力表などによって視力を測定すること。遠距離視力(遠見視力)検査と近距離視力(近見視力)検査とがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四訂版 病院で受ける検査がわかる本

視力検査

■眼の構造


試視力表

その段の3つ以上がわかれば、そこがあなたの視力。

一番上の0.1が判読できないときは〈0.1×◯m÷5=視力〉の式の◯に、近づいた距離をあてはめる。

例えば、2mまで近づいたなら〈0.1×2÷5=0.04〉で、視力は0.04になる。


近視・乱視などの屈折調節の異常を調べる検査です。検査のときは、眼を細めないようにしてください。実際より視力がよくなってしまいます。

視力異常があるとき、第一に行う検査

 視力とは、ものを見分ける能力のことです。ものが見えにくい、二重に見えるなどの症状があるとき、まず第一に行うのが視力検査で、一般に上に示した試視力表を用いて調べます。

 視力の異常は、角膜の変化(ヘルペスや角膜炎)、水晶体の異常(混濁による白内障)、眼圧上昇による緑内障、屈折調節の異常(近視、老視、乱視)、網膜の異常(眼底出血、網膜剥離はくり)、視神経異常(神経炎、脳腫瘍)などで認められます。

矯正視力1.0以上なら「眼は悪くない」

 視力とは、矯正した視力を指し、たとえ眼鏡をかけ(コンタクトレンズをつけ)ても視力が1.0あれば「眼が悪い」とはいいません。

 仕事の種類や年齢にもよりますが、裸眼視力が0.7以下では眼鏡(コンタクトレンズ)で矯正することが多くなっています。運転免許証は、0.7以上の矯正視力を必要とします。

 視力検査でわかることは、近視、乱視などの屈折調節の異常のみで、前述したさまざまな病気を診断することはできません。眼に異常があったら、まず視力を測り、そののち別の検査を行って診断することになります。

その段の3つ以上がわかれば〈正読〉

 視力を検査する前に、レフラクトメーターという機械を使い、眼の屈折検査(遠視、近視、乱視の程度)をします。そののち視力検査を行います。

 視力検査用眼鏡枠をかけ、5m離れた距離で試視力表を読みます。

 まず、裸眼で右眼(左眼は遮閉)から始めます。一番上の0.1から下へ読んでいき、その段の半分以上(3つ以上)の文字や記号が判読できた場合を〈正読〉とし、裸眼視力とします。

 0.1が判読できないときは、0.1が判読できるところまで近づき、その距離を計算式にあてはめて視力とします。

 視力0.01以下のときは、眼の前で指の数を数える、指を動かして方向を判定する、光の点滅を判定などして、これらが判断できないときを視力0とします。視力が1.0未満の人は、裸眼が終わったら矯正視力検査をします。1.0が見えるまで、度数の違ったレンズを使って調べます。5~10分で、すべて終了します。

 検査のときは、眼は細めないようにしてください。実際より視力がよく評価されてしまいます。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆近視→眼底検査、視野検査、超音波など

◆遠視→眼底検査、超音波など

◆白内障→細隙灯さいげきとう顕微鏡検査、超音波、網膜電位図など

医師が使う一般用語
「しりょくけんさ」

出典:法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視力検査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視力検査の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation