@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

視半径【しはんけい】

世界大百科事典 第2版

しはんけい【視半径】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

視半径
しはんけい

観測者から見た天体の見かけの大きさを表す量(数値、計測値)で、天体の見かけの形が円(例、太陽、月)のようなとき、観測者から見て、天体の中心と周辺との間の角をいう。つまり見かけの半径を角で測ったものである(角の大きさは度、分、秒などの単位の角度で表す)。同様に視直径という用語も理解されよう。円形でない天体(楕円(だえん)的――例、木星)、不規則状な天体(例、散開星団など)では、もっとも長い方向ともっとも短い方向とに測った視直径で見かけの大きさを表すことが多い。天体までの距離が知られれば、視直径を測ることにより天体の実際の大きさが計算できる。

[大脇直明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視半径」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視半径の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation