@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

視細胞【しさいぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

視細胞
しさいぼう
visual cell
動物の感光細胞で,視覚機能のために分化した光受容器細胞をいう。数個あるいは多数が集合して網膜を形成し,の構成要素となるものは,網膜細胞とも呼ばれる。視細胞はすべて1次感覚細胞で,感光色素の光化学的反応によって興奮を生じ,これを視神経 (求心性神経線維) に送る。節足動物複眼感杆や,脊椎動物の眼の杆状体錐状体は視細胞の分化構造の一種である。しかし,ミミズの散漫光感覚器官のように,体表に散在し,細胞内空胞の形態をとるものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐さいぼう〔‐サイバウ〕【視細胞】
光を受容することにより感覚を生じる細胞。下等動物では、散在するものと、集まって視覚器となるものとがある。高等動物では多数が集まって網膜をつくる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

視細胞
 光受容体に分化した感覚細胞.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しさいぼう【視細胞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

視細胞
しさいぼう

動物が外界からの光を受容する細胞のうち、とくに視覚として最初に光信号を受容するために分化した光受容細胞をいう。視細胞にはミミズなどのように分散光感覚器官として体表に散在するのもあるが、多くは数十個ないし多数が集合して網膜を形成し、目の構成にあずかる。網膜を形成する視細胞は脊椎(せきつい)動物の場合は薄明視の働きをする桿状体(かんじょうたい)(桿体)と昼間視の働きをする錐状体(すいじょうたい)(錐体)とがあり、また無脊椎動物では節足動物(昆虫や甲殻類)の複眼にみられるような、光の入射方向に直角な平面内で複数方向に規則的な配列をした感桿型といわれるものもある。視細胞の形態は錐状体も桿状体も、光を受容する側から外節、内節、核、シナプスからなっていて、外節には視物質といわれる感光色素が存在している。視物質としてよく知られているのはロドプシンで、光化学反応に基づいて視細胞膜に興奮をもたらす。この興奮は生物電気によるもので、シナプスを介して光情報として神経細胞に伝達される。このように視細胞はエネルギー変換を行う場所である。

[青木 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐さいぼう ‥サイバウ【視細胞】
〘名〙 動物の感覚細胞の一つ。光の刺激を受けて視覚を起こす。下等動物では単独で散在する場合と、集まって視覚器をなす場合とがある。脊椎動物では集合して網膜をつくり、棒細胞(桿体)と円錐細胞(錐体)とに分化している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視細胞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation