@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

視角【しかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

視角
しかく
visual angle
見ている物体左右または上下両端に対して張る角度をいう。人間の眼が物体の大きさを判断するのに,視角は大きな役目を果している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐かく【視角】
物体の両端から目までの二直線が作る角度。目に見える物体の大小はこの角度の大小による。
物を見る角度。見る立場視点

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかく【視角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

視角
しかく

物体が眼球の節点において張る角。肉眼に感じられる物体の見かけ上の大小は、実際の物体の大小ではなく、網膜上に生ずる像の大小によって決まる。視角の大小によって網膜上に生ずる像の大小が変化するので、物の見かけの大きさは視角の大小によって決まる。このことを端的に示しているのは、一定間隔のレールが、遠くに行くにしたがって幅が狭くなるように感ずる例である。望遠鏡や顕微鏡のように肉眼で観察する光学器械は、物体を直接見たときの視角に比べ、視角を大きくして観察を容易にする。

[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かく【視角】
〘名〙 (gezichtshoek の訳語)
① 目と、対象物の両端を結ぶ二直線のなす角。目にみえる物の大、小は、この角の大、小による。〔気海観瀾広義(1851‐58)〕
② ものを見たり考えたりする方向、観点。視点。
※すまいの四季(1956)〈清水一〉家のある風景「畳の上の生活は、大地に立ったときと殆ど同じ視角で自然に対しているので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation