@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

覚世名言十二楼【かくせいめいげんじゅうにろう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

覚世名言十二楼
かくせいめいげんじゅうにろう
中国、明(みん)末清(しん)初の文人李漁(りぎょ)(字(あざな)は笠翁(りゅうおう))の短編小説集。1658年(順治15)に成る。明の「三言二拍」の成功に刺激されて、以後数多くの擬話本が刊行されたが、本書もその流れに棹(さお)さす。「合影楼」「奪錦楼」「三与楼」「夏宜楼」「帰正楼」「萃雅(すいが)楼」「払雲楼」「十(じっきん)楼」「鶴帰(かくき)楼」「奉先楼」「先我楼」「聞過楼」の12編38回からなり、「十二楼」という書名も、各編の題名でもあるこれら12座の楼にちなむ。また単に『十二楼』ともいう。風流才子李漁の戯曲小説は、すべてエンターテインメントに徹したものだが、本書もまた、新奇をねらった趣向といい、軽妙洒脱(しゃだつ)な叙述といい、彼の本領を発揮した作品となっている。[村松 暎]
『辛島驍訳『十二楼』(『全訳中国文学大系23』所収・1958・東洋文化協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚世名言十二楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚世名言十二楼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation