@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

覚信尼【かくしんに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

覚信尼
かくしんに
[生]元仁1(1224)
[没]弘安6(1283)? 京都
鎌倉時代の尼僧親鸞の末女。初め日野広綱にとついで覚恵を産み,死別後小野宮禅念と再婚して唯善を産む。親鸞が亡くなると,文永9 (1272) 年冬,大谷の親鸞のを吉水の北に移し,遺骨を安置した。そしてこれを覚信子孫が守護していくことに定めたのが現在の本願寺りである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かくしん‐に【覚信尼】
[1224~1283]鎌倉中期の浄土真宗の尼僧。親鸞(しんらん)の娘。母は恵信尼。父親鸞の没後、京都大谷の地に廟堂を建て、本願寺の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

覚信尼 かくしんに
1224-1283 鎌倉時代の尼僧。
元仁(げんにん)元年生まれ。親鸞(しんらん)の娘。母は恵信尼。日野広綱にとついで覚恵,光玉を生む。広綱の死後,小野宮禅念と再婚,唯善(ゆいぜん)を生んだ。文永9年(1272)京都廟堂(大谷廟堂)をたて親鸞の影像を安置し,子孫が廟堂を管理するようにさだめた。廟堂はのち本願寺と称された。弘安(こうあん)6年死去。60歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗名は王御前。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かくしんに【覚信尼】
1224‐83(元仁1‐弘安6)
浄土真宗の開祖親鸞の末娘,母は恵信尼。常陸で生まれる。11歳のころ東国から京都に移住。18歳のころ日野広綱の側室となり覚恵を生む。26歳のころ夫に死別し,父母のもとに帰る。30歳のころ母恵信尼は越後に帰り,覚信尼が親鸞の身辺に侍す。1262年(弘長2)39歳のとき父親鸞死去。その後,小野宮禅念と再婚し唯善を生む。72年(文永9)東国門弟たちの協力を得て,尼の居住地に親鸞の廟堂を建てる。これを大谷廟堂といい,のち本願寺と称す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

覚信尼
かくしんに
(1224―1283)

鎌倉時代の浄土真宗の尼僧。親鸞(しんらん)の末娘。母は恵信(えしん)尼。現存する覚信尼あての書状には王御前とある。久我通光(こがみちみつ)(1187―1248)に女房として仕え、兵衞督局(ひょうえのかみのつぼね)といった。日野広綱(ひのひろつな)の妾(しょう)となり、覚恵(かくえ)(1239―1307)を生み、広綱の死後、小野宮禅念(おののみやぜんねん)と再婚、唯善(ゆいぜん)(1266―1317)を生んだ。親鸞没後、関東在住の門弟により廟堂(みょうどう)が禅念所有の土地に建てられたが、のち覚信尼はその土地を譲られた。覚信尼は禅念の死後、これを廟堂に寄進し、廟堂の管理は門弟にかわって自分の子孫があたることを定めた。これが留守職(るすしき)といわれるもので、この職をめぐって覚信尼の死後、覚恵・覚如父子と唯善の間で争い(唯善事件)が起こった。

[石田瑞麿 2017年6月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かくしん‐に【覚信尼】
鎌倉中期の尼僧。親鸞の娘。母は恵信尼。日野広綱に嫁して覚慧を、小野宮禅念と再婚して唯善を産む。親鸞の没後、京都東山大谷に廟堂を建て、本願寺の基礎を築く。元仁元~弘安六年(一二二四‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚信尼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚信尼の関連情報

関連キーワード

北条義時元仁ラムセス2世民主党の党員・サポーター詠歌大概オゴタイハン国元仁ジュチ貞応

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation