@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

覚善【かくぜん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

覚善 かくぜん
1133-1196 平安後期-鎌倉時代の僧。
長承2年生まれ。高野山北室の房光に師事して灌頂(かんじょう)をうけ,真言宗中院流をつたえられる。建久5年(1194)高野山検校(けんぎょう)となり,引接(いんじょう)院をひらく。その教えは引接院流とよばれた。建久7年10月死去。64歳。紀伊(きい)伊都郡(和歌山県)出身(あざな)は法揚。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚善」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚善の関連情報

関連キーワード

平宗実ネマニッチ朝法然飛鳥大仏鑁阿寺本堂平景清鑁阿寺万里の長城無名草子アンテーラミ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation