@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

覚山尼【かくさんに】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

覚山尼 かくさんに
1252-1306 鎌倉時代の尼僧。
建長4年7月4日生まれ。安達義景の娘。母は北条時房の娘。臨済(りんざい)宗。弘長元年北条時宗にとつぎ,嫡男貞時を生む。弘安(こうあん)7年夫とともに鎌倉円覚寺の無学祖元を師として出家。翌年東慶寺(縁切寺)の開山となる。勅許をえて,女性を救済する寺法をさだめたとつたえられる。嘉元(かげん)4年10月9日死去。55歳。通称は堀内殿,潮音院殿。号は覚山志道

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

覚山尼 (かくさんに)
生年月日:1252年7月4日
鎌倉時代後期の女性。執権北条時宗の妻
1306年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚山尼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚山尼の関連情報

関連キーワード

ブルースムルシリ[2世]徳治チャウルキヤ朝ドゥワ(篤哇)ロバート1世ブルースプシェミスル朝カドミウム赤セリウム無象静照

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation