@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

覚悟【カクゴ】

デジタル大辞泉

かく‐ご【覚悟】
[名](スル)
危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
覚えること。記憶すること。
「時にあたりて本歌を―す」〈徒然・二三八〉
知ること。存知。
「郎従小庭に伺候の由、全く―仕らず」〈平家・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ご【覚悟】
〘名〙
① 迷いを去り、真実の道理をさとること。
※教行信証(1224)二「爾者、斯等覚悟、皆以安養浄刹之大利、仏願難思之至徳也」
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「群生を覚悟(カクゴ)(〈注〉いさいのいきものをサトラ)せんかために、一切を震動したまふ」 〔史記‐項羽本紀賛〕
② 悟ること。気がつくこと。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「小可(〈注〉わたし)も也た先刻険く懐袋を抽んとす。幸に早く覚悟す」
③ あらかじめ心構えすること。心の用意。
※長門熊谷家文書‐建久六年(1195)二月九日・熊谷蓮生〈直実〉置文案「右参ケ条之外、依其身器量、可覚悟者也、仍置状如件」
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「珍客なれば、ほ句は我なるべしと、兼而覚悟すべき事也」
④ あきらめること。観念すること。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「がつきめ御意じゃ、かくごせひ」
⑤ 記憶すること。おぼえること。また、修得すること。
※徒然草(1331頃)二三八「時にあたりて、本歌を覚悟す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚悟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚悟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation