@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親和数【しんわすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親和数
しんわすう
amicable number
友数あるいは友愛数ともいう。二つの自然数 ab が親和数であるとは,a の約数(a 自身を除く)の和が b に等しく,b の約数(b 自身を除く)の和もまた a に等しいときをいう。言い換えれば,2数 ab のそれぞれの自分自身を除く約数の和が相手の数自身に等しい場合に,これら 2数を親和数というのである。たとえば 284の約数 1,2,4,71,142の和は 220,220の約数 1,2,4,5,10,11,20,22,44,55,110の和は 284となるから,220と 284は親和数である。親和数はピタゴラスによって考えられたといわれるが,このような数の対をつくる法則を初めて発見したのはユークリッドの『原本』のアラビア語訳を完成したイスラムの数学者タビト・イブン・コルラといわれる。すなわち,nxyz を自然数とするとき,xyz がそれぞれ

x=3・2n-1, y=3・2n-1-1, z=32・22n-1-1

の形に表されるならば,2nxy と 2nz とは親和数である,というものである。n=2 のとき,上の例の 2nxy=220 および 2nz=284 が得られる。その他,17296と 18416,9363584と 9437056はそれぞれ親和数である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんわすう【親和数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

しんわ‐すう【親和数】
友愛数」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親和数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親和数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation