@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親子【オヤコ】

デジタル大辞泉

おや‐こ【親子】
親と子。また、その間柄。「親子の情」
親と子の関係にたとえていう二つのもの。「親子電話」
親子丼(どんぶり)」の略。
親類。親戚。
「汝が―の内に、鬼になった者はないか」〈虎明狂・清水

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐し【親子】
親と子。おやこ。
法律で、直系一親等の自然的血縁関係のある実親子、または法定血族である養親子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おやこ【親子】
父母と子の関係を指すが,生みの親と子の血縁的な関係だけではなく,養養子親分子分親方と子方の関係のように,法制上,習俗上親子関係が擬制される関係(擬制的親族関係)を指しても用いられる。
[親子と縁]
 親子関係では,とくに血のつながりという自然的要素が強調されるが,いずれの社会でも,血のつながりがあればただちに社会的にも親子関係が発生するとされているわけではない。このことは早くからB.マリノフスキーら社会人類学者によって指摘されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おや‐こ【親子】
〘名〙
① 親と子。親と子としての結びつき。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「よきほどなるおやこばかりなる中にも」
② 親と子のように、親しみ、むつびあう間柄。
※御伽草子・花みつ(有朋堂文庫所収)(室町末)「尊氏将軍の御時、既に一天下親子になり給ひしかば」
③ 親戚。親類。
※虎明本狂言・清水(室町末‐近世初)「なんぢがおやこの内に、おにになった者はなひか」
④ 仮の親子関係の親と子。取り上げ親子など。
⑤ 親と子との関係にたとえられるもの。「親子電話」など。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉続淪落の女「『親子(オヤコ)か何か、おごって頂戴よウ』『旦那は会社員? 官吏? 銀行員?』」
⑦ 株式で親株(旧株)と子株(新株)との併称。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐し【親子】
〘名〙
① 親と子。おやこ。
※正法眼蔵(1231‐53)山水経「生児のときは、親子並化するか」
※曾我物語(南北朝頃)一二「又しんし恩愛のいたって切なる事、人の申し習はすをも、我身の上かと」
② 親に対する子。
※大観本謡曲・錦戸(室町末)「君臣二つは二体の義、君を重んじ親子(しんし)の孝行」
③ 法律で一親等の直系血族関係にある者(実親子)、または民法が認めたこれに準ずべき親族関係にある者(養親子)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation