@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親展【シンテン】

デジタル大辞泉

しん‐てん【親展】
手紙や電報で、名宛人自身が開封して読んでほしいというで使う語。親披(しんぴ)。直披(じきひ・ちょくひ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐てん【親展】
〘名〙
① (親(みずか)ら展(ひら)くの意) 信書や電報の指定事項の一つ。
(イ) 封書の脇付の一つ。名あて人自身が開封することを要求するもの。親披。直披(じきひ)
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五一「秘密親展の四字を加へ速に叔父に逓送あらんことを」
(ロ) 電報の指定事項の一つ。受信人が直接開いて見るように指定すること。略符号は、和文は「ニカ」、欧文は「CL」。昭和五一年(一九七六)廃止。
※逓信省令第四六号‐明治三三年(1900)九月一日・六四条「受信人以外の者の披見を憚る電報は親展の略符号を以て指定すべし」
② 会って、親しく話をすること。〔陸雲‐与陸典書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親展」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親展の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation