@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親族関係[言語]【しんぞくかんけい[げんご]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親族関係[言語]
しんぞくかんけい[げんご]
relationship
もと同一の言語であったものが,継続的に伝承されていくうちに分岐して2つ以上の異なった言語になった場合,それらの言語は「親族関係」にある (を有する) という。「親縁関係」「同系関係」ともいう。そのもとの一つの言語を「祖語」といい,それの後継諸言語は「同系語」または「姉妹語」などという。ただし,これらの親族用語はあくまで比喩であって,人間の関係とは異なるものである。同系諸言語は祖語そのものが伝承されていくうちに形を変えた,いわば一つ言語である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親族関係[言語]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親族関係[言語]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation