@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親書【しんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親書
しんしょ
autograph letter
一国の元首が他国の元首にあてた署名入りの書簡。国書ともいわれた。最近では一国の首相から他国の元首または首相にあてた書簡の呼称にも用いられている。外交機関相互間に交換されるいわゆる外交文書ではないが,広義に考えれば外交文書一種といってよく,外交上しばしば活用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐しょ【親書】
[名](スル)
手紙を自分で書くこと。また、自筆の手紙。「依頼状を親書する」
天皇・元首の署名のある手紙や文書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしょ【親書】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

親書
しんしょ

一般的には、自筆の手紙autograph letterを意味し、国家間では、一国の元首が他国の元首にあてた自筆の手紙または書簡をさす。たとえば、1854年(安政1)の日米和親条約(神奈川条約)の締結に際し、米使節ペリーは、大統領フィルモアから天皇あての親書を提出した。また、首相または外相が対外関係で、自筆でしたためた手紙をもいう。親書中の元首の署名は、別に親署Imperial Signatureとよぶ。

[經塚作太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐しょ【親書】
〘名〙
① (━する) 自分自身で書くこと。みずから書くこと。また、そのもの。自書。
※百丈清規抄(1462)四「生た時に此をば誰にとらすると住持両序勤旧なんどに云をいた歟、又は親書してをく歟」 〔蘇轍‐除日詩〕
② 天皇や外国元首の手紙。
※公式令(明治四〇年)(1907)一三条「国書其の他外交上の親書」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation