@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親権者【しんけんしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親権者
しんけんしゃ
Gewalthaber
未成年の子に対して親権を行う原則として,父母が婚姻中は父母 (養子に対しては養父母) が共同して親権者となる (民法 818) が,一方が親権を行うことができないときは,他の一方のみが親権を行う。父母が離婚をするときは,父母の協議によりまたは裁判所によって,いずれか一方を親権者と定めなければならない (819条1~3,5項) 。嫡出でない子の親権者は母であるが,父が認知をした場合には父を親権者とすることもできる (819条4項) 。また,離婚や認知の場合に子の利益のため必要と認めるときは,子の親族の請求によって家庭裁判所は親権者を他の一方に変更することができる (819条6項) 。子の父母が未成年のときは,その親権者である祖父母が親権を父母に代って行う (親権代行,833条) 。なお,親権者が死亡その他の理由で欠けたときは後見人が親権を行う (838条1号) 。親権者は家庭裁判所の許可があれば親権者を辞任でき (837条) ,親権を濫用したり著しい不行跡があるときは親権の喪失を宣告されることもある (834条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

親権者
未成年の子を監護・教育し、子の財産を管理する父母のこと。夫婦であれば共同して親権を行うが、離婚するとどちらか一方が親権を行う。協議離婚の場合はどちらか一方を親権者と定める。親権者の指定のない離婚届は受理されない。親権者について協議がまとまらない場合は、家庭裁判所が、子の年齢心身の状況・希望、父母の経済力・生活環境などを考慮した上で指定する。調停離婚裁判離婚の場合も、同様に裁判所が定める。
(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しんけん‐しゃ【親権者】
親権を行う者。父母が共同して行うことを原則とするが、その一方が行えないときは他の一方、また養子に対しては養親が行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけんしゃ【親権者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんけん‐しゃ【親権者】
〘名〙 未成年の子に対して親権を行なう者。原則として父母があたり、父母が離婚した場合、および認知した子については、協議、または家庭裁判所の審判によって父母のうち一方が定められる。〔民法(1947)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親権者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親権者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation