@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親藩【しんぱん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親藩
しんぱん
江戸時代,徳川宗家 (そうけ) の子弟大名となったをいう。尾張紀伊水戸の3家 (→御三家 ) と越前会津の2松平家の5家を親藩とした。5家の藩主子孫分家したものを家門,特に3家の分れたものを連枝とした。親藩は譜代とともに幕政上重きをなし,特に3家は将軍家継嗣のないとき襲職できる家柄であり,また水戸藩主は江戸に常勤して幕府と最も近い関係にあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ぱん【親藩】
江戸時代の大名の家格の一。徳川一門および分家で大名になったもの。尾張・紀伊・水戸の御三家や越前松平家など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぱん【親藩】
江戸時代における大名類別の一つ。徳川氏の直系一門および分家(支藩)をいう。江戸時代の大名は,将軍との親疎関係により親藩,譜代,外様に分類したが,徳川家康関ヶ原の戦における覇権確立以降,直系一門を大名に取り立て,これを親藩と総称した。秀忠以降も多数の一門が大名に取り立てられ,幕府権力の強化および維持に重要な役割を果たした。家康系の越前家・越後家(改易)・尾張家・紀伊家・水戸家,家康の生母伝通院が久松家に再嫁してできた久松家およびそれぞれの分家,秀忠系の駿河家(改易)・保科家,家光系の甲府家・館林家,甲府家より分かれた越智家,吉宗系の田安家・一橋家,家重系の清水家などがこれにあたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

親藩
しんぱん

幕藩体制のもとで定められた大名類別の一つ。江戸時代の大名は、将軍との親疎関係により、親藩、譜代(ふだい)、外様(とざま)の三つに分類された。親藩は徳川氏の直系一門および分家(支藩)をさし、家康系の越前(えちぜん)家・尾張(おわり)家・紀伊(きい)家・水戸(みと)家および久松(ひさまつ)家、秀忠(ひでただ)系の駿河(するが)家(改易)・保科(ほしな)家、家光(いえみつ)系の甲府(こうふ)家・館林(たてばやし)家、吉宗(よしむね)系の田安(たやす)家・一橋(ひとつばし)家、家重(いえしげ)系の清水(しみず)家などがこれにあたる。このうち尾張・紀伊・水戸の3家を御三家(ごさんけ)とよび、田安・一橋・清水の3家を御三卿(ごさんきょう)と称した。御三家・御三卿以外の徳川一門および分家は御家門(ごかもん)と総称した。親藩は徳川氏の一門大名として、幕府権力の強化・維持に重要な役割を果たし、とくに御三家・御三卿は将軍家の血統保持の役目をもった。

[藤野 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ぱん【親藩】
〘名〙 江戸時代、徳川家康以降、徳川の子弟で大名となったものの藩。尾張、紀伊、水戸の御三家をはじめ、会津や越前の松平家などの藩の総称。
※弘道館記述義(1852)下「今夫国中士大夫、沐浴太平之沢、儼然称親藩麾下、而飽食暖衣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

親藩
しんぱん
江戸時代,大名の家格
江戸時代の大名は徳川将軍との親疎により,親藩・譜代・外様の三つに分けられた。親藩は徳川家康以後徳川の子弟で大名になったものをいい,譜代とともに外様大名を牽制する役割をになった。特に尾張・紀伊・水戸の徳川家を御三家と呼んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation