@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親近【シンキン】

デジタル大辞泉

しん‐きん【親近】
[名・形動](スル)
親しくすること。親しく近づくこと。
近い関係にあること。身内であること。また、そのさま。「親近者」
「自分が最も―な…家族を愛するように」〈倉田愛と認識との出発
側近くに仕える人。側近。「総裁の親近

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐きん【親近】
〘名〙
① (━する) 親しみの気持をもって近づくこと。
※古事談(1212‐15頃)三「此児幼稚にて付師匠在南京。母堂無隙之間、不親近」 〔史記‐鄒陽伝〕
② (━する) 貴人の側近く仕えること。
※両足院本山谷抄(1500頃)九「天子にまぢかう親近したは」
③ (形動) 親しみがあり身近なこと。また、そのさま。
※商品としての文学(1931)〈杉山平助〉「詩人もまた自分自身あるひはごく親近な人々の衝動を代表して詩を製作したので」
④ 親しい人。みより。えんじゃ。〔戦国策‐秦策・孝公〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ごん【親近】
〘名〙 (「ごん」は「近」の呉音) 近づき親しむこと。親しく交わること。
※顕戒論(820)中「経文不別小因及小果、已制余経。明知因、制親近
※今昔(1120頃か)三「此の女を(きた)なみ蔑(あなづり)て自然(おのづか)ら道に会ふ時も唾を吐き鼻を塞ぎ更に不親近(しんごんせ)ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親近」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親近の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation