@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

親鸞【しんらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親鸞
しんらん
[生]承安3(1173).京都
[没]弘長2(1262).11.28. 京都
鎌倉時代の僧。浄土真宗開祖幼時に母を失い,9歳で出家。養和1 (1181) 年青蓮院の慈円について得度したと伝える。比叡山で 20年間学び修行したが,安心が得られず,建仁1 (1201) 年京都の六角堂に 100ヵ日の参籠に入り,それが機縁となって吉水の法然門弟となり,ここで浄土教の教えを受けた。建永2 (07) 年旧仏教の讒訴によって法然は土佐に,親鸞は越後に流された。のち,越後で豪族の娘恵信尼と結婚したようである。勅赦ののち,法然の死を知って京都に戻らず,常陸地方の教化を志し,関東で『教行信証』 (6巻) を一応脱稿。貞永1 (32) 年頃京都に戻った。『三帖和讃』『唯信鈔文意』などを著わす。 90歳で寂。末娘覚信尼が親鸞のを建てた。のち大谷の姓を授かる。『歎異鈔 (たんにしょう) 』は晩年言行を弟子,唯円 (ゆいえん) らが記したものであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

親鸞
鎌倉初期、民衆念仏の教えを広めた。1921年に西本願寺で見つかった親鸞の娘・覚信尼(かくしんに)あての文書などから、一般的には妻は恵信尼とされている。
(2012-06-08 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しんらん【親鸞】
[1173~1263]鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。日野有範(ひのありのり)の子。比叡山天台宗などを学び、29歳のとき法然に師事し、他力教に帰した。師の法難に連座して越後に流され、ここで恵信尼と結婚し、善鸞覚信尼をもうけた。のち、許されて常陸(ひたち)信濃(しなの)下野(しもつけ)などを教化(きょうけ)し、浄土真宗を開き、阿弥陀による万人救済を説いた。著「教行信証」「愚禿鈔」など。諡号(しごう)は見真大師。→御正忌(ごしょうき)大遠忌(だいおんき)
丹羽文雄の長編小説。昭和40年(1965)から昭和44年(1969)にかけて、「産経新聞」に連載。単行本は昭和44年(1969)、全5冊で刊行。本作の功労により、著者は昭和45年(1970)の第4回仏教伝道文化賞を受賞した。
五木寛之の歴史小説。の若き日を描く。平成22年(2010)、上下2冊で刊行。第64回毎日出版文化賞特別賞受賞。のちに、中年期を描いた第2部、晩年までの活躍を描いた第3部を発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

親鸞 しんらん
1173-1263* 鎌倉時代の僧。
承安(じょうあん)3年生まれ。日野有範(ありのり)の子。妻は恵信尼(えしんに)。浄土真宗の開祖。比叡(ひえい)山で修学し,建仁(けんにん)元年源空(法然)の門にはいり,専修(せんじゅ)念仏に帰依(きえ)。念仏教団禁圧により越後(えちご)(新潟県)に流罪となる。建暦(けんりゃく)元年ゆるされ,関東で布教。60歳ごろ京都にもどり,著述と門弟の指導につとめた。絶対他力・悪人正機(しょうき)説をとなえ,肉食妻帯の在家主義を肯定した。弘長(こうちょう)2年11月28日死去。90歳。法名は別に綽空(しゃくくう),善信。号は愚禿(ぐとく)。諡号(しごう)は見真大師。著作に「教行(きょうぎょう)信証」「和讃」,語録に唯円編「歎異抄(たんにしょう)」など。
【格言など】善人なおもて往生をとぐ,いわんや悪人をや(「歎異抄」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

親鸞
吉川英治の長編歴史小説。1938年刊行。田坂具隆監督、中村錦之助主演の同名映画(1960/二部作)の原作

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんらん【親鸞】
1173‐1262(承安3‐弘長2)
浄土真宗の開祖。父は皇太后宮大進日野有範。1181年(養和1)9歳の春,慈円のもとで出家し範宴(はんえん)と号す。比叡山で堂僧として20年の修行をつんだが悟りを得ず,1201年(建仁1)29歳のとき京都六角堂に参籠して本尊救世観音に指針を求めた。このとき聖徳太子の示現を得て,法然(源空)の門に入った。法然の主著《選択(せんちやく)本願念仏集》は専修(せんじゆ)念仏をよく理解した高弟にのみ見写が許されたが,05年(元久2)4月,親鸞は入門5年で書写を認められ,法然みずから題字と僧綽空(しやくくう)という当時の親鸞の名を書いて与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんらん【親鸞】
1173~1262 鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。別称、範宴・綽空しやくくう・善信。諡号しごう、見真大師。日野有範の子と伝える。初め比叡山で天台宗を学び、のち法然の専修念仏の門に入る。1207年念仏停止の法難に遭い、越後に流罪。赦免ののち長く関東に住み布教と著述を行う。法然の思想をさらに徹底させ、絶対他力による極楽往生を説き、悪人正機を唱えた。主著「教行信証」は、他力の立場から浄土教の教理を純化・体系化したもの。ほかに「唯信鈔文意」などがある。唯円編の法語集「歎異抄」は有名。妻は恵信尼。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

親鸞 (しんらん)
生年月日:1173年4月1日
鎌倉時代前期の僧
1263年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんらん【親鸞】
鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。別名、範宴・綽空・善信。諡(おくりな)は見真大師。日野有範の子。治承五年(一一八一)青蓮院の慈円について出家、比叡山にのぼり、二〇年間学行につとめたが、建仁元年(一二〇一)二九歳のときに法然の門にはいり、専修念仏の人となる。建永二年(一二〇七)の念仏停止の際は越後国国府(新潟県上越市)に流され、四年後に罪をとかれると関東に行き、文暦二年(一二三五)頃京都に帰った。開宗宣言に相当する主著「教行信証」の初稿本は、関東在住の元仁元年(一二二四)頃に成る。恵信尼との結婚は越後国に流されてまもなくと思われ、二人の間に善鸞・覚信尼が生まれたが、善鸞は晩年、義絶された。門下に真仏・性信・唯円など。著書に「教行信証」のほか「浄土和讚」「愚禿鈔(ぐとくしょう)」「唯信鈔文意(ゆいしんしょうもんい)」など。承安三~弘長二年(一一七三‐一二六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

親鸞
しんらん
1173〜1262
鎌倉初期の僧。浄土真宗(一向宗)の開祖
初め比叡山の学僧として修学したが,やがて法然の門に入る。旧仏教勢力の弾圧をうけ法然に連坐して越後に配流され,のち常陸(茨城県)に移住。20余年の長きにわたって下級武士・農民の間に教えを説き,多くの門弟を育て,晩年京都へ帰る。親鸞の教えの特色は,法然の思想をさらに徹底させた絶対他力の信仰と,悪人正機説である。主著『教行信証』や,弟子唯円 (ゆいえん) が師の語録をまとめた『歎異抄 (たんにしよう) 』によって,その思想をうかがうことができる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親鸞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親鸞の関連情報

関連キーワード

宜秋門院湛慶ピサの斜塔明恵吉記常磐光長藤原隆信毛益リオハ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation