@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観世小次郎信光【かんぜこじろうのぶみつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観世小次郎信光
かんぜこじろうのぶみつ
[生]永享7(1435)
[没]永正13(1516).7.7.
室町時代末期の能役者,能作者。3世音阿弥元重の第7子。小次郎は通称。観世弥三郎に師事し,諸事に有能で,ことに大鼓の名手であり,またワキ役をも得意としたという。長兄4世政盛の没後は,権守として5世之重,6世元広の後見人をつとめた。作品に『紅葉狩』『船弁慶』などの人気曲や,ワキ役の動きのあるもの,『遊行柳』『胡蝶』など詩趣のあるもの三十余番がある。故事に精通し,和歌にも堪能であったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観世小次郎信光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観世小次郎信光の関連情報

関連キーワード

奥羽本線秋田新幹線ファン・デル・ウェイデンクリフォード(男家)アラスの和約新幹線ブルゴーニュ公国山形新幹線Nゲージ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation