@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観世栄夫【かんぜひでお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観世栄夫
かんぜひでお
[生]1927.10.4. 東京,東京
[没]2007.6.8. 東京,墨田
観世流シテ方の能楽師。7世観世銕之丞(雅雪)の二男。父雅雪,祖父観世華雪,14世喜多六平太後藤得三などに師事。1931年『老松』の仕舞で初舞台。1934年『忠信』で初シテ。1949年に喜多流に転流し,後藤得三の芸事養子となり後藤と改姓。1953年,観世寿夫静夫(のちの8世観世銕之丞)とともにの会を結成し,のちに三役(ワキ方・狂言方・囃子方)を加えて同人組織として活動。1956年『道成寺』を初演。1958年に楽協会を退会して能楽界を離脱。観世姓に戻り,新劇の劇団青年芸術劇場や自由劇場に参加して演出を担当。オペラ,舞踊などの演出も手がけ,俳優としても演劇や映画に出演した。1970年,新劇の俳優,演出家らとともに,新しい演劇の創造を目的とする冥の会を結成,同人となる。1979年に観世流に復帰。1986年『卒都婆小町』,1997年『檜垣』,2004年『姨捨』を初演。1997年度芸術選奨文部大臣賞を受賞。の会を主宰。申楽乃座の同人。伝承を越えて代に生きる能を追求した。著書に『華より幽へ 観世榮夫自伝』(2007)がある。(→

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

観世栄夫 かんぜ-ひでお
1927-2007 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
昭和2年8月3日生まれ。7代観世銕之丞の次男。観世寿夫(ひさお)の弟。8代観世銕之丞の兄。観世流。昭和24年喜多流にうつり後藤得三の芸養子となる。のち能楽からはなれ,俳優となり映画,舞台,テレビなどで活躍。54年観世流に復帰,演出も現代劇,歌舞伎,オペラなど幅ひろく活動。平成17年「姨捨」の演能で毎日芸術賞。平成19年6月8日死去。79歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かんぜひでお【観世栄夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

観世栄夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観世栄夫の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation