@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観世縒【かんぜより】

日本大百科全書(ニッポニカ)

観世縒
かんぜより

観世小縒(こより)(紙縒(こより))とも。和紙を細長く裂いて縒(よ)ったもの。またその「こより」を縄状に縒り合わせたもの。徳川家康の軍陣で観世大夫(だゆう)がつくりだし、鎧(よろい)の繕いにあてた、『翁(おきな)』の烏帽子(えぼし)の掛緒(かけお)にした、また『道成寺』の鐘の中に面紐(めんひも)がないので応急手段としてつくったなど、『甲子夜話(かっしやわ)』ほかの書の伝える諸説がある。また、仏像奉納者が名前を書いた紙を「こより」とし、仏像の胎内に入れた勧進(かんじん)小縒の訛(なま)りともいう。

[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんじん‐より クヮンジン‥【観世縒】
〘名〙 「かんぜより(観世縒)」の変化した語。
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一〇「蚊帳に穴が明いて居るものですから、所所観世捻(カンジンヨリ)で括(しば)ってあるので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんぜ‐より クヮンゼ‥【観世縒】
〘名〙 細く切った紙をよって紐(ひも)のようにしたもの。こより。かんぜこより。かんじんより。かんじょうより。観世折り。〔随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観世縒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観世縒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation