@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観想【かんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観想
かんそう
theōria; contemplatio
広義には実践的態度に対する,認識瞑想黙想などの静観的態度をいい,アリストテレスは『ニコマコス倫理学』で,人間の至福はこの人間に固有な知性的態度に即した生活にあると述べている。狭義には新プラトン派やグノーシス派などの神秘的思想宗教において,生成消滅するもろもろ事象背後にひそむ超感覚的,超越的存在を直観すること,あるいは神的存在と一することをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐そう〔クワンサウ〕【観想】
[名](スル)
仏語。特定の対象に向けて心を集中し、その姿や性質を観察すること。観念。
そのものの真の姿をとらえようとして、思いを凝らすこと。「人生を観想する」
テオーリア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんそう【観想】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

観想
かんそう
theōriā ギリシア語
contemplatio ラテン語

観照ともいう。「眺める」を意味する古代ギリシア語の動詞theōreinに由来し、世界の存在事物を、そのあるがままの姿で眺めること、また、そのように眺めることを愛好する態度や生き方、さらに、そのような態度から結果する、実利を離れた学問研究をいう。アリストテレスは人間の生き方を、追求される最高目的の3種(快楽、名誉、観想)に応じて3種に分かち、これらを享楽生活、政治生活、観想生活とよんだ(『ニコマコス倫理学』I5)。観想生活は哲学者が目ざすものであり、それは、世界の必然的な根拠を観想する神の理性の永遠不変な活動に、人間に許される範囲であずかるものであるとされた。3種の生活の別はピタゴラスに由来するとされることもあるが、古期ピタゴラス派において学問研究が実利を離れた観想とみなされていたかどうかは疑問とされることもある。

 中世では、これはキリスト教の修道生活の理想に適用され、現世の快楽と実利を捨て、神にのみ目を向けて、神の業(わざ)を賛美し、神の意志の成就(じょうじゅ)をひたすら祈念する生活が観想生活とよばれた。そこで、人間は神から注がれる恩寵(おんちょう)によって受動的に神のものとされ、神のうちに生き、神を観(み)るものとなる。

[加藤信朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐そう クヮンサウ【観想】
〘名〙
① 仏語。ある特定の事物に心を専注して、迷情を除こうとする修行。不浄観や日想観など、対象により種々ある。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「古来の仏祖、いたづらに一日の功夫をつひやさざる儀、よのつねに観想すべし」 〔秘密大乗経‐一九〕
② 一定の対象を観察し、それについて一心に思いをこらすこと。
※俳諧・おらが春(1819)跋「人情世態無常観想残す処なし」
③ 実利実益をはなれた純粋な知的態度。経験を超えた存在と真理をとらえようとする考察。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation