@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観測ロケット【かんそくロケット】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観測ロケット
かんそくロケット
sounding rocket
気球や飛行機では到達できない超高層大気圏外 (高さ 80~160km) の状況を観測するためのロケット。観測装置と送信機などを載せて打上げられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんそく‐ロケット〔クワンソク‐〕【観測ロケット】
宇宙空間で科学観測・実験を行うことを目的とするロケット気球の最高到達高度(約40キロメートル)から人工衛星軌道下限の高度(約200キロメートル)において使用される。比較的小型の固体ロケットが多い。研究ロケットサウンディングロケット

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんそくロケット【観測ロケット sounding rocket】
宇宙空間における科学観測を目的としたロケット。気球の浮遊上限40kmから人工衛星軌道の下限200kmの高度の間の大気の直接観測を可能とする唯一手段である。観測システムが比較的単純で準備期間も短くてすむので,衛星用機器の予備実験にも重用される。超高層空間の直接観測,太陽やX線星などを対象とした天文学的観測のほか無重量状態を利用した理工学実験にも用いられる。発射時の質量100kg級から20t級,到達高度100km級から6000km級までさまざまな機種があるが,無誘導の固体ロケットが使われることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

観測ロケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観測ロケットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation