@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観阿彌【かんあみ】

精選版 日本国語大辞典

かんあみ クヮンアミ【観阿彌】
南北朝時代の能役者、能作者。名は清次(きよつぐ)。大和国(奈良県)の人。世阿彌元清の父。芸名観世。法名は観阿彌陀仏(観阿・観阿彌)。大和猿楽四座の一つ結崎座(ゆうざきざ)に所属。初代の観世大夫。今熊野猿楽を機に足利義満の後援を得て、能の質的向上をはかった。曲舞(くせまい)の長所を取り入れ、能の音曲を革新して能の基礎を確立した。作品「卒都婆小町(そとばこまち)」「自然居士(じねんこじ)」など。正慶二~至徳元年(一三三三‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんなみ クヮンアミ【観阿彌】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観阿彌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観阿彌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation