@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

観音寺【かんのんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観音寺
かんのんじ
山形県北西部,酒田市北部に位置する旧村域。荒瀬川北岸に位置する谷口集落。 1889年村制施行。 1954年一条村,大沢村,日向村と合体して八幡町となり,2005年酒田市はじめ4市町と合体して酒田市となった。庄内平野北部から新庄盆地に通じる青沢越え道路 (国道 344号線) の起点。荒瀬川対岸の市条には長享年間 (1487~89) の祭礼祀の残る八幡神社がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
かんのんじ
京都府京田辺市にある真言宗智山派の寺。天武天皇の勅願により義淵僧正が創建。そののち,聖武天皇の御願により良弁僧正が天平 16 (744) 年に拡充本堂安置される『十一面観音立像』 (奈良時代) は国宝。木心の上に厚く木屎漆 (こくそうるし) を塗りあげた木心乾漆 (もくしんかんしつ) の技法による天平末期の傑作で,豊満な肉づけや繊細な表現はこの技法によるところが大きいとされる。後補部分も少くないが,頭上の瞋怒 (しんぬ) 面と牙上出 (げじょうしゅつ) 面は制当初のもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんおんじ〔クワンオンジ〕【観音寺】
香川県南西端、燧灘(ひうちなだ)に面する市。水産加工業が盛ん。真言宗の観音寺の建つ琴弾(ことひき)山と、「寛永通宝」の砂文字がある有明浜琴弾公園として名勝地。平成17年(2005)10月、大野原町・豊浜町と合併。人口6.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのん‐じ〔クワンオン‐〕【観音寺】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

観音(かんおん)寺
香川県観音寺市、白栄堂が製造・販売する銘菓。バター風味のカステラ生地で白餡をはさんだもの。表面に円の中に四角を描いた寛永通宝の銭型の焼き印がある。「観音寺饅頭」「観饅(かんまん)」とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
愛知県名古屋市にある天台宗寺院。「荒子観音」の名で知られる。山号は浄海山、院号は円龍院。天平年間の創建と伝わる。多宝塔は国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
徳島県徳島市の旧伊予街道沿いにある寺院。高野山真言宗。山号は光耀山、院号は千手院。本尊の千手観世音菩薩は空海の作と伝わる。四国八十八ヶ所霊場第16番札所。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
高知県須崎市にある寺院。真言宗。本尊は聖観世音菩薩。四天王寺建立のため百済から招聘された仏師工匠の船が、帰国の際に当地漂着一宇を建立して海の安全を祈願したのが起源と伝わる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
香川県観音寺市、琴弾山の中腹にある寺院。真言宗大覚寺派。山号は七宝山、本尊は聖観世音菩薩。四国八十八ヶ所霊場第69番札所で、第68番札所の神恵院と同じ境内にある。大宝年間に日証上人が建立した法相宗道場が起源と伝わる。本堂などは国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
福岡県久留米市にある天台宗の寺院。山号は石垣山で「石垣寺」とも呼ばれる。本尊は十一面観世音菩薩を内蔵した聖観世音菩薩。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
長崎県長崎市、遠見山南西麓にある寺院。和銅年間、行基による開創と伝わる。曹洞宗。山号は円通山。行基の作と伝わる本尊の十一面千手千眼観音立像は「みさきの観音」と呼ばれ、国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんのんじ【観音寺】
滋賀県草津市にある天台宗の寺。大慈山と号する。芦浦観音寺ともいう。創建は推古天皇の時代(592‐628),聖徳太子開基と伝えられる。室町初期に京都普観寺の僧歓雅が再興,戦国時代にも織田信長の兵火を免れた。1580年(天正8),信長によって300余石の寺領を加えられ,志那渡船奉行とされた。豊臣秀吉朝鮮出兵,伏見築城にも寄与した。江戸時代には琵琶湖上の船奉行として権力ふるい,寺領556余石を有し,近江・大和両国で4万石の郡代官に補せられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かんのんじ【観音寺】
香川県観音寺市にある真言宗の寺。〈かんおんじ〉とも呼び,七宝山神恵院(じんねいん)観音寺ともいう。当寺は,その門前町から発展した観音寺(かんおんじ)市の随一景勝地,琴弾(ことびき)公園のなかにある。寺伝によると,遠く奈良時代に琴弾八幡宮の別当寺として開創され,下って807年(大同2)には弘法大師みずから刻んだ観音像を本尊として安置したと伝え,そののち四国遍路が盛行すると,その第69番札所となって庶民信仰を集めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

観音寺
(沖縄県国頭郡金武町)
新おきなわ観光名所100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺
(宮城県気仙沼市)
ふるさとみやぎ文化百選 建造物とまちなみ編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんおんじ クヮンオン‥【観音寺】
香川県西部の地名。瀬戸内海の燧(ひうち)灘に面し、古くから漁港として開ける。観音寺、琴弾(ことひき)八幡宮、俳人山崎宗鑑の一夜庵などがある。昭和三〇年(一九五五)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのん‐じ クヮンオン‥【観音寺】
[一] 香川県観音寺市八幡町にある真言宗大覚寺派の寺。山号、七宝山。正称は神恵(じんね)院観音寺。大宝三年(七〇三)日証大師の創始、大同二年(八〇七)空海が観音堂を建てる。四国八十八所の第六八・六九番札所(一寺二札所)。かんおんじ。西金堂。琴弾八幡。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観音寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation