@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

角倉了以【すみのくらりょうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

角倉了以
すみのくらりょうい
[生]天文23(1554).京都
[没]慶長19(1614).7.12. 京都
安土桃山時代の海外貿易家,土木事業家。幼名は与七,のち了以。は光好。京都嵯峨の土倉吉田家の出。文禄1 (1592) 年豊臣秀吉から,慶長9 (1604) 年以降は徳川氏から朱印状を与えられ安南国トンキン (東京) に朱印船 (角倉船と呼ばれた) を派遣巨利を得た。また治水事業,河川開発の技術にも長じ,同 11年の大堰川 (丹波山城) の浚渫疎通をはじめとして,富士川 (駿河岩淵-甲府) ,天竜川 (遠江掛塚-信濃諏訪) ,高瀬川 (京都二条-伏見) などの開削を行い,これらの河川を利用して材木その他の物質を搬出し資産をなした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すみのくら‐りょうい〔‐レウイ〕【角倉了以】
[1554~1614]安土桃山から江戸初期の豪商。京都の人。名は光好。豊臣秀吉徳川家康朱印状を得て、安南・東京(トンキン)方面との貿易で巨利を得た。また、大堰(おおい)川・富士川・天竜川・高瀬川などの水路の開発に尽力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

角倉了以 すみのくら-りょうい
1554-1614 織豊-江戸時代前期の豪商。
天文(てんぶん)23年生まれ。吉田宗桂(そうけい)の長男。京都嵯峨(さが)で医業と土倉(どそう)(金融業)をいとなんだ角倉一族のひとり。慶長8年より安南(ベトナム)との朱印船貿易に従事。国内では大堰(おおい)川,富士川などを疎通させ,高瀬川を開削した。慶長19年7月12日死去。61歳。名は光好。通称は与七。
【格言など】凡(およ)そ百川皆以舟を通ずべし(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すみのくらりょうい【角倉了以】
1554‐1614(天文23‐慶長19)
安土桃山時代の海外貿易商で,河川開発家。近江国愛知郡吉田郷を出自とし,吉田が本姓。祖父宗忠が洛西嵯峨で土倉営業に成功し,屋号を角倉と称する豪商となった。了以の父宗桂は,吉田家の家業であった医術にすぐれ,策彦(さくげん)周良に従って明(中国)に渡り名声を高めた。了以は宗桂の長子で,通称与七,諱(いみな)は光好,了以は法号である。性格は豪放不羇(ふき)で海外雄飛を志し,また土木建設にも興味をもった。1592年(文禄1),豊臣秀吉から朱印状を得て安南国に角倉船を派遣したとも伝え,弟宗恂や息子角倉素庵の協力を得て,1603年(慶長8)以降海外貿易に従事したのは明らかである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すみのくらりょうい【角倉了以】
1554~1614 安土桃山時代から江戸初期の豪商。京都の生まれ。豊臣秀吉に朱印状を得て安南・東京トンキンとの貿易に従事。また、国内諸河川の開発も積極的に行なった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

角倉了以
すみのくらりょうい
(1554―1614)
安土(あづち)桃山時代の貿易家、土木事業家。本姓は吉田氏、幼名与七、名は光好。吉田氏は近江(おうみ)佐々木氏の流といい、了以は角倉家5代とされる。角倉家は応永(おうえい)(1394~1428)のころ現れた徳春(とくしゅん)を初代とし、徳春およびその子宗臨(そうりん)はともに医術に長じた。了以の祖父宗忠(そうちゅう)は、1544年(天文13)亀屋五位女(かめやごいめ)から洛中帯座座頭職(らくちゅうおびざざとうしき)ならびに公用代官職を獲得し、またこのころ嵯峨(さが)大覚寺境内に土倉(どそう)(高利貸)業を始め、嵯峨角倉は豪商としても著名になった。了以の父宗桂(そうけい)(意庵(いあん))は遣明(けんみん)使節策彦周良(さくげんしゅうりょう)に従って入明(にゅうみん)し、医者としても高名であった。しかし了以は医業を継がず、算数・地理を学び、当時勃興(ぼっこう)してきた海外通商および国内の建設諸事業に進出した。すなわち、徳川家康の知遇を得て1603年(慶長8)以後10年まで数回にわたり異国渡海の朱印状の交付を受け、安南(アンナン)・東京(トンキン)地方に貿易船を派遣し、それ以後は子の玄之(はるゆき)(素庵(そあん))が貿易事業を継承した。土木事業では、05年に丹波(たんば)・山城(やましろ)を結ぶ大堰(おおい)川の疎通を計画、翌年これを完成したほか、幕命により富士川、天竜川の疎通を行い、京都では高瀬川を開削(かいさく)した。この結果、角倉家はこれら河川の通船支配権を獲得し、また搬出材木によって上方(かみがた)の有力材木商となるなど多大の経済的利益も得た。晩年、琵琶(びわ)湖の疎水計画をたて、勢多(せた)―宇治間の舟行と琵琶湖水位の低下による新田開発を図ったが実現には至らなかったという。[村井益男]
『林屋辰三郎著『角倉了以とその子』(1944・星野書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すみのくら‐りょうい【角倉了以】
安土桃山・江戸初期の貿易家、土木事業家。名は光好。安南(ベトナム)に角倉船を出して巨利を得た。また、嵯峨大堰(おおい)川・富士川・天龍川・高瀬川など諸川の水路の開発・改修に尽力。天文二三~慶長一九年(一五五四‐一六一四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

角倉了以
すみのくらりょうい
1554〜1614
安土桃山・江戸初期の朱印船貿易家
京都の豪商。豊臣秀吉・徳川家康から朱印状をうけ,トンキン・アンナン地方に朱印船(角倉船)を派遣,巨利を得た。また国内河川の開発に取り組み,1606年大堰 (おおい) 川の疎通に成功,つづいて富士川・天竜川・賀茂川などを改修し,また二条から伏見に達する高瀬川を開発した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角倉了以」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角倉了以の関連情報

関連キーワード

顕如リベイロ(Bernardim Ribeiro)ピカレスク小説悪漢小説江戸落語上方落語策伝大賞アルム広場安楽庵策伝オアフ島

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation