@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

角度【カクド】

デジタル大辞泉

かく‐ど【角度】
二つの直線や平面が交わって作る角の大きさ。単位はラジアン・度・分(ふん)・秒。
物を見る方向。また、物を考える立場。「角度を変えて撮影する」「あらゆる角度から検討する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かくど【角度】
角の大きさ。単位としては普通、度またはラジアンを用いる。
見たり考えたりする立場。観点。 この-から見る富士山が最も美しい もう一度-を変えて考えてみよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ど【角度】
〘名〙
① 角の大きさ。専門的にはラジアン、実用的には度、分、秒の単位で測る。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「投射の光線と鉛直線とに因りて成る所の角度」
② (比喩的に用いて) 物の見方の方向、方面。観点。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「睡魔の妖腕をかりて、ありとあらゆる実相の角度を滑かにすると共に」
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉九「最高裁判所が憲法の番人だといわれることの意味も、この角度から、考える必要がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation