@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

角礫岩【かくれきがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

角礫岩
かくれきがん
breccia
角張った岩片が結した岩石総称。普通,水磨作用を受けた円から成る礫岩に対する堆積岩をさすが,角礫化の原因が断層運動によるものを断層角礫岩という。火成砕屑岩には凝灰角礫岩火山角礫岩がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かくれき‐がん【角×礫岩】
破砕されたばかりの角ばっている礫からなる礫岩。角稜岩(かくりょうがん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

角礫岩
礫岩に似た粗粒の岩石で,破片が角張っていることが異なる.角礫(rubble)が固結したものに対応する[Ferber : 1776, Lyell : 1831, Pettijohn : 1975].角蛮岩東京地学協会 : 1916].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

角礫岩
かくれきがん
breccia

礫岩の一種。礫となった岩片が円磨されずに固結したもので、礫の大きさは不ぞろいであることが多い。いろいろなでき方のものがあり、砕屑(さいせつ)性堆積岩(たいせきがん)(砕屑岩)以外のものは成因によって区別されている。砕屑性堆積岩には、海底土石流、波食、氷河、崖(がけ)崩れによる侵食でできるものがあり、いずれも地層をなすが、分布は比較的限られている。火山砕屑岩にも角礫を主とする火山角礫岩や凝灰角礫岩がある。角礫はその火山活動のマグマに由来するが、ときには周囲にあった岩石の破片からなることもある。角礫岩のなかで、マグマの地表への通路を埋めたものは火道角礫岩とよばれる。また断層運動により岩石が破砕されてできたものは断層角礫岩とよばれ、断層に沿ってのみ存在し、砂質から粘土質の粉砕物を伴うのが特徴である。

[斎藤靖二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かくれき‐がん【角礫岩】
〘名〙 礫岩のうち、角ばった稜角に富む岩屑状の礫を含むものをいう。断層角礫岩、火山角礫岩など。角蛮岩。角稜岩。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角礫岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角礫岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation