@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

角笛【ツノブエ】

デジタル大辞泉

つの‐ぶえ【角笛】
動物の角でつくった牧童などが牛やを追うのに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つのぶえ【角笛】
動物の角をほぼ原形のまま音作りに利用する各種管楽器俗称広義にはそれらの子孫に当たる楽器も含めていう。角の先端を加工してをあけ,振動を利用して吹き鳴らすものが多い。ふつうは湾曲した末広がりの円錐管をなす。狩猟採集段階以来の楽器で,所在例は東西を問わない。角を意味する語がそのまま楽器名となった場合も多い。中国で軍楽等に用いられた角(かく)や,ユダヤ教ショファル等がそれで,前者は仏画の奏楽場面にも登場し,日本の阿弥陀来迎図にまで及んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つのぶえ【角笛】
動物の角で作った笛。猟師や牧童などが用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

角笛
つのぶえ
horn英語
Hornドイツ語
corフランス語
動物の角の円錐(えんすい)管をそのまま利用するか、あるいはそれに似せて金属でつくった笛の総称。金属製であっても、起源が角製であったことがヨーロッパ諸語の例からもわかる。アフリカや南北両アメリカ大陸で独自に考案され分布している例に加えて、西アジアに由来しユーラシア大陸に広く伝わっていった例も多い。発音方式としては、角の先端にあけた穴に口を当て、両唇を振動させながら円錐管の中の気柱の共振で増幅ないし変音するので、リップ・リード系気鳴楽器に分類される。狩猟採集での信号、宗教儀礼での音響的結界形成、軍楽などの合奏音楽に利用される。音は遠くまで届くが、倍音調整によっても二、三しか音高が区別できないので、複数奏者が交互に発音して旋律や和音をくふうしたり(西アフリカ)、他の楽器との合奏に供したり(ヨーロッパ)する。近年は、弁や鍵(キー)をくふうして1本から多くの音が出せるものもある。[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つの‐ぶえ【角笛】
〘名〙 動物の角で作った笛。猟師や牧童などが用い、古くはいくさにも用いた。
※俳諧・春鴻句集(1803頃)「月のあと角笛をふくむかひ嶋〈春鴻〉 家あらはれてかへす秋風〈烏橋〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角笛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation