@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

角貝【ツノガイ】

デジタル大辞泉

つの‐がい〔‐がひ〕【角貝】
ゾウゲツノガイ科の貝。貝殻は約10センチの細長い弓形の円筒形で先が細まり、角状。房総半島以南に分布、海底の砂中にすむ。
掘足綱の貝の総称。貝殻は角に似た形で両端が開いている。分類上、二枚貝巻き貝の中間に位置し、現生種はゾウゲツノガイ・クチキレツノガイの2科で、すべて海産。→掘足類

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

角貝 (ツノガイ)
学名:Antalis weinkauffi
動物。ゾウゲツノガイ科の

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つの‐がい ‥がひ【角貝】
〘名〙
① ツノガイ科の貝。本州中部以南の水深三〇~一〇〇メートルの細砂底にすむ。殻長約一〇センチメートル。細長い管状でやや湾曲し、ウシの角に似ている。表面は淡い肉白色で細いすじがある。殻は貝細工に用いる。〔物品識名拾遺(1825)〕
② ツノガイ科とクチキレツノガイに属する掘足綱貝類の総称。ツノガイ・ヤカドツノガイなど日本近海に約五〇種知られる。殻は貝細工・パイプなどに用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation