@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

解離エネルギー【かいりえねるぎー】

世界大百科事典 第2版

かいりえねるぎー【解離エネルギー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

解離エネルギー
かいりえねるぎー
energy of dissociation
多原子分子をその構成元素の原子または分子に分解するのに必要とするエネルギーをいい、熱であるときとくに解離熱heat of dissociationという。通常1モルについてはkJ、分子1個についてはeV単位で表し、それは生成エネルギーに等しい。解離エネルギーの値は、途中段階まで分解して分子で止まるときと、原子にまで分解するのでは大差があり、また生成した分子や原子の電子状態によっても異なる。したがって基底状態の分子、原子が得られたときが標準となる。
 解離エネルギーを求めるには、簡単な分子では光学的方法、すなわち分光スペクトルを観測することによるが、複雑な分子については解離圧の温度変化、あるいは熱量測定法による。[吉田俊久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

解離エネルギー
カイリエネルギー
dissociation energy

一つの物質が二つ以上の物質に解離するのに必要なエネルギー.1 mol については kJ,分子1個については eV 単位で表される.原物質および生成物質がともに安定な物質の場合は直接熱量測定,あるいは関連する諸反応の反応熱を組み合わせてヘスの法則から間接的に求められる.二原子分子(ハロゲン水素など)の解離エネルギーは,分光学的に吸収帯の収れん限界波長から,生成する遊離原子の励起エネルギーの補正を行って,正確な値が求められる.多原子分子または多原子イオンが解離して短寿命の遊離原子,遊離基,または断片イオンを生じる場合も,関連した諸過程の反応熱(化学的反応熱,イオン化エネルギー出現電圧など)を組み合わせて解離エネルギーが求められるが,遊離基やイオンの熱化学的数値の不正確さのため,その値は近似的である.一つの分子のなかの一つの結合切断に着目した解離エネルギーを,結合解離エネルギー(bond dissociation energy)ということがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解離エネルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

解離エネルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation