@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

触媒反応

栄養・生化学辞典

触媒反応
 触媒作用によって進行する化学反応.触媒の作用は,化学平衡の状態は変えないが,活性化エネルギーを下げることによって,反応をより早く平衡状態へと導く.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

触媒反応
ショクバイハンノウ
catalytic reaction

触媒の作用によって進行する反応.反応系と触媒の状態の違いから,気相,溶液相についての均一系触媒反応と,固体触媒表面での気体分子や溶質分子の反応が行われる不均一系触媒反応とに分類される.コロイド状触媒や酵素のあずかる反応は,これらの中間領域に属する.不均一系触媒反応の過程は,一般に,
(1)触媒作用が行われる部分(活性点)への反応分子の拡散などによる接近,
(2)活性点への吸着あるいは配位,
(3)活性点上の反応,
(4)生成物分子の触媒からの脱離,
から成り立っている.高圧気体,高濃度溶液や多孔質触媒の場合,反応速度はしばしば拡散過程に支配されるが,通常,反応過程の活性化エネルギーがほかの過程に比べていちじるしく大きいので,これが律速段階となる.このとき,反応速度は活性点の数に比例するから,反応が均一系であれば速度は均一触媒の濃度に,あるいは不均一系であれば固体触媒の表面積に比例することになる.しかし,固体触媒では反応速度が反応分子の吸着量に関係するため,速度式は必ずしも単純ではない.触媒により反応が促進されるのは,主として吸着,配位など反応物と活性点との反応により,無触媒の場合より活性化エネルギーが低く,より起こりやすい反応経路ができるためと考えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

触媒反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

触媒反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation