@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

触媒毒【ショクバイドク】

デジタル大辞泉

しょくばい‐どく【触媒毒】
微量の存在で、触媒作用が著しく減少するか、まったく失われてしまうような物質アンモニア合成反応における酸化鉄触媒の作用を減退させる硫黄分など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくばいどく【触媒毒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょくばい‐どく【触媒毒】
〘名〙 わずかの量で触媒の活性を著しく減退させ、あるいはまったく不活性にする物質。触媒毒による作用を毒作用または被毒現象という。白金触媒に対する砒素、アンモニア合成鉄触媒に対する硫黄など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

触媒毒
ショクバイドク
catalyst poison

触媒表面に強く結合して,触媒作用を低下させるか,まったく停止させるなど毒作用を行う物質.反応系分子より強く触媒の吸着点あるいは活性点に結合し,かつ反応に関与しない物質はすべて触媒毒となるので,反応および触媒の種類によって触媒毒は異なる.シクロヘキサン脱水素反応に対するベンゼン阻害や,エテン水素化反応に対するアセチレンの毒作用は強い吸着にもとづいている.E.B. Maxtedによると,周期表8~10族遷移金属および銅触媒に対しては,周期表15族(窒素,リン,ヒ素,アンチモン)および16族(酸素,硫黄,セレンテルル)の単体あるいはその化合物で,非共有電子対をもつものは毒となる.また,白金触媒については種々の金属イオンのうち,d電子殻が半占有以上の状態にあるものが毒作用を示すことが知られている.このほか,シリカ-アルミナ触媒による軽油クラッキングにおいて,炭素様物質の生成を促進して活性点(酸点)を覆うことで活性を低下させる沈積重金属や,表面積を減少させて活性を低下させる水蒸気などの効果も触媒毒による作用とみることがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

触媒毒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

触媒毒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation