@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

触書【フレガキ】

デジタル大辞泉

ふれ‐がき【触(れ)書(き)】
告げ知らせるための文書。特に江戸時代、幕府や藩主などから一般の人に知らせるための文書。→御触書(おふれがき)
歌舞伎で、浄瑠璃名題や出演者の連名を記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふれがき【触書】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふれ‐がき【触書】
[1] 〘名〙
① ふれ知らせる文書。特に江戸時代、幕府や藩主などから一般の人々に公布した文書。特定の役人、または関係官庁などにのみ通達された御達(おたっし)に対する語。おふれがき。ふれ。
※禁令考‐前集・第五・巻四七・明暦元年(1655)一一月「川筋河岸端等之儀に付触書」
② 江戸時代、法令、法度のこと。庶民に触れられた法令(狭義の触書)をはじめ、御達、書付など、すべての法令を包含する広義の法令。
※御触書天保集成‐御触書取調の趣(1841)「当御代またその事を興し、書集むる御触書は〈略〉五十年のあひたの諸御触事六千六百七通」
③ 江戸時代、紛失物・贓品(ぞうひん)などを捜索するため、その特徴を記して質屋・古着屋など八品商に触れた書付。品触。町触。
※御触書寛保集成‐三六・享保八年(1723)四月「紛失物吟味之節〈略〉触書を以組合之内相廻り、帳面吟味可仕候」
④ 歌舞伎の浄瑠璃触れで、名題や出演者の名を記したもの。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)四立「両人して舞台を探し、上るりの触書を取上て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

触書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

触書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation