@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

言語道断【ゴンゴドウダン】

デジタル大辞泉

ごんご‐どうだん〔‐ダウダン〕【言語道断】
[名・形動]
仏語。奥深い真理は言葉で表現できないこと。
言葉で言い表せないほどひどいこと。とんでもないこと。また、そのさま。もってのほか。「人のものを盗むとは言語道断だ」「言語道断な(の)行い」
言葉で言いようもないほど、りっぱなこと。また、そのさま。
「時々刻々の法施祈念、―の事どもなり」〈平家・一〉
表現しがたいほど驚嘆した気持ちを表す語。感動詞的に用いられる。
「―、ご兄弟のご心中を感じ申して」〈謡・春栄〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごんごどうだん【言語道断】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「言葉で説明する道が断たれる」の意から〕
〘仏〙 根本的な真理が言葉で説明しつくせないこと。
あまり立派で言葉で言い表しようのないほどであること。 「時々刻々の法施祈念、-の事どもなり/平家 1
あまりひどくて言葉も出ないほどであること。とんでもないこと。もってのほか。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

言語道断
ごんごどうだん
本来は仏教語で、「言語に述べるべきが断たれる」という意をもち、ことばでは表現しがたい奥深い真理をいい、「語同断」と書くこともある。転じて、話にならない、もってのほかのことという意をもつ。『法華経(ほけきょう)』に、「言語道断、物の拘(こう)する所にあらず」とあり、『瓔珞(ようらく)経』には、「言語道断、心行の滅する所」などとある。[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごんご‐どうだん ‥ダウダン【言語道断】
〘名〙 (形動) ことばで表現する道が断たれるの意。
① (━する) 仏語。表現する方法がなくなること。深遠な真理はことばで説明できないこと。言語断。
※法相二巻抄(1242か)上「実の法性は有とも云ふべからず、空とも云ふべからず、真如とも云ふべからず、不可思議なるが故に、言語道断なるが故也」 〔法華玄義‐二・下〕
② あまり立派で、ことばではそれが言い表わせないほどであること。また、ことばで説明できないほど重大なさま。
※明衡往来(11C中か)上本「御歌之為体、花実兼備首尾相得、不古人当世。心目所感言語道断者也」
③ あまりひどくてことばも出ないほどであること。きわめて悪くて、何ともいいようがないこと。とんでもないさま。もってのほか。
※東大寺文書‐天喜四年(1056)一一月一一日・伊賀守小野守経解「且歎前別当狼藉之身、成此歓言上此由以後、於今不参上之咎、更言語道断也」
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)一「味方に気おくれさせつるは言語同断(ゴンゴドウダン)の曲者」
④ (感動詞的に) 並外れた物事に接して驚いた、という気持を表わす。形容詞・形容動詞が直後に続く場合が多い。とてつもなく。
※謡曲・花月(1423頃)「言語道断面白きことを仰せられ候、また人のご所望にて候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言語道断」の用語解説はコトバンクが提供しています。

言語道断の関連情報

他サービスで検索

「言語道断」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation