@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

計帳【けいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

計帳
けいちょう
(1) Ji-zhang 中国,隋,唐時代の徴税台帳。北朝の西魏に始る。均田,租調役制度による人民支配の基礎となる重要帳簿。毎年春に百戸の代表者である里正が管轄下の戸主から家族,土地などを記入した申告書を提出させ,それをもとに,県ごとに,翌年度に徴収すべき税額などを集計し,首都の度支 (財政官庁) に送る規定であった。敦煌文書中に大統 13 (547) 年,西魏のものと推定される計帳らしい残巻が見つかっている。 (2) 日本の令制の調庸の台帳。大計帳,大帳ともいう。戸籍とともに令制の基本的帳籍。毎年6月 30日以前に,国司各戸主に,その戸口氏名,年齢,容貌,課・不課の別などを注記した手実 (しゅじつ。書類) を提出させ,これをまとめて,国内の人口,課口数,調の総数などを算出した。これを計帳といい,写しを1通作成して,1通は国におき,もう1通は大帳使に持たせて8月 30日以前に太政官に送り点検を受け,調庸の徴収台帳として6年間保存された。正倉院文書には,右京,山城,近江などの計帳の断簡 (だんかん) がある。律令政治がゆるむにつれて,その作成も忠実には行われず,10世紀中頃には戸籍によって計帳が作られるような状態になった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐ちょう〔‐チヤウ〕【計帳】
律令制で、調を賦課するため国ごとに毎年作成された帳簿。戸主に戸口の氏名・年齢・性別、課・不課の別などを申告させ、国司がまとめて国内の人口・調口数・調庸などを算出した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいちょう【計帳】

[中国]
 古代の公課徴収用文書。6世紀に西魏の蘇綽(そしやく)により整えられ,均田租調役制下に盛唐まで使用された。当時毎年末に各戸主から戸口・田土を申告する〈手実〉を提出させ,県・州でまとめそれに基づいて当年徴収すべき課役を集計して州から都の民部(戸部)に送り,度支(たくし)が全国の財政計画を作成するたてまえであった。計帳には各戸のデータと,各段階での集計の両者が含まれる。敦煌文書中に547年(大統13)と推定される計帳断巻が知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

計帳
けいちょう

戸籍と並ぶ、律令(りつりょう)時代の民衆把握の基本台帳。各戸内の名前、性別、年齢、場合によっては容貌(ようぼう)上の特徴などを書き上げ、それによって年ごとに課口、不課口(調庸負担の有無)を確定した。戸籍の六年一造に対して毎年作成され、計帳使によって8月30日以前に太政官(だいじょうかん)に提出された。個別の人名を列記した部分(歴名(れきみょう))と、それらを集計した部分(目録)とからなり、目録の部分をとくに大帳あるいは大計帳とよんだというのが通説だが、それは目録、歴名をあわせて京進(きょうしん)された場合の呼び方であるとする説も有力である。大化改新詔が初見だが、実際に作成され始めたのは、大宝令(たいほうりょう)施行後と考えられる。

[福岡猛志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐ちょう ‥チャウ【計帳】
〘名〙
① 令制で、調庸雑物を徴収するため、毎年国別に作製された書類。戸籍と並ぶ基本台帳。中央へ集められ、歳入が算出される。大計帳。大帳。
※続日本紀‐霊亀二年(716)四月乙丑「又比年計帳、具言如功、推勘物数
② 中国、北朝期から唐宋にかけて、戸籍とともに作られた徴税台帳。県が毎年末、口数、田宅数などにより、次年度の公課の割りあての資料としたもの。その制度は日本の律令制にも受け継がれている。〔漢書注‐武帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

計帳
けいちょう
律令制における調・庸などの徴収のための原簿
四度公文 (よどのくもん) の一つ。毎年,各戸主に戸口の氏名・年齢・性別・課・不課の別を申告させ,国司が国ごとにまとめたもの。正倉院断片が残る。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

計帳の関連情報

関連キーワード

大 頭春トリコモナス腟炎手足口病

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation