@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

記号【きごう】

デジタル大辞泉

き‐ごう〔‐ガウ〕【記号】
社会習慣的な約束によって、一定の内容を表すために用いられる文字符号標章などの総称。言語も記号の一つと考えられる。広く交通信号などから、象徴的なものまでを含む。また、文字と区別して特に符号類をいうこともある。しるし。符号。「元素記号」「音声記号
[用法]記号・符号――「記号」は広く、言語・文字・各種のしるし・身振りなどを含む。学問の用語としても用いる。「文」は漢字であると同時に、地図では学校を示す記号である。◇「符号」は、文字を除き、図形・音声・光・電波などのしるしについて使うことが多い。◇記号と符号の相違にはあいまいな面もある。目印として付けた〇は符号だが、地図上の〇は記号である。一般的に、ある体系の中でのしるしは記号だが、「モールス符号」「正(負)の符号」のような例外もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きごう【記号 sign】
もっとも広い意味での記号とは,〈ある事物・事象を代理するもの〉のことをいう。この代理の生理学的メカニズムはI.P.パブロフによって明らかにされた。食物摂取による唾液分泌は無条件反射だが,犬に食物を与える際にブザーの音を聞かせておくと,犬はブザーの音を聞いただけでも唾液を分泌するようになる。これを条件反射といい,ブザーの音は食物・食事の記号ということができる。パブロフは視覚,聴覚,触覚などの刺激とその条件反射を第1次信号系,自然言語とその発話にともなう諸反応を第2次信号系と名づけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きごう【記号】
一定の事象や内容を代理・代行して指し示すはたらきをもつ知覚可能な対象。狭くは種々の符号・しるし・標識などを指すが、広くは言語や文字、さらには雨を知らせる黒雲や職業を示す制服なども含まれる。事象との結びつきが雨と黒雲のように事実的・因果的なものを自然的記号、職業と制服のように規約的なものを人為的記号と呼ぶ。また、事象との結びつきが一義的・直接的なものをサインまたはシグナル、多義的・間接的であるものをシンボルとする分類もある。交通信号や道路標識は前者の、言語や儀礼は後者の代表である。
特定の学問分野で対象・概念・操作などを表示するために用いられる符号。 「論理-」 「化学-」
〘言〙 ソシュール言語学において、能記(記号表現)と所記(記号内容)の両面をもった言語研究の単位。両者の結びつきは恣意的とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

記号
きごう
sign
一般には,符号や目印と同様に,約束に従ってある表象によってそれとは別のものを指示するものをいう。しかし今日,記号は数学,論理学,認識論,社会学,心理学などの分野で重要な概念となりつつある。この場合,記号は一つの対象であるが,他の事象の本質を表象するものであり,記号によって認知された表象が,記号のもつ本来の意味とされる。すなわち記号は意味のにない手であり,命名法の一種でもある。ここから記号は,人間の思考作用の本質にかかわるものとされ,哲学者 R.カルナップは「記号分析こそ哲学の課題である」と明言している。なお,記号がその意味と分ちがたい内的一致を保持しているとき,それは「象徴」と呼ばれる。 E.カッシーラー,S.ランガーや C.モリスなどが記号論の分野で活躍し,現代フランスの構造主義などでも記号論は大きな役割を占めている。 (→言語記号 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

記号
きごう
symbol英語
Symbolドイツ語
symboleフランス語
哲学的にこれに対応するヨーロッパ語は、ギリシア語のσμβολον/smbolonに由来し、これには「割符」の意味があった。つまり、aを見てbを知ることができたときに、aがbの記号だといわれたわけである。この意味では、象形文字、数字、絵などが記号の代表的なものである。しかし、表音文字でつづられた文も全体として一つの情報を表している限りでは記号であるし、音楽も記号としての役割を演ずることがある。やがて、表音文字のように、それ自体では意味がなくとも文の素材になるものも、記号とよばれるようになった。論理記号や化学記号のように、専門家でないとその使い方がよくわからないものを記号の代表のように考える人も多い。コミュニケーションに使われるものだけではなく、儀式のように、共有されることに意義のある事象を記号に数えることもあり、現代では「記号」は、きわめて広義な概念になった。[吉田夏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

記号
一般に,ある対象の代替物として,その対象を喚起することによりそれを表象するもの.パース(Charles Sanders Peirce 1839-1914)は広義の記号を事実的類似に基づく図像(イコン),事実的隣接に基づく指標(インデックス),文化的隣接に基づく象徴(シンボル)に区分した.なお,ここでは説明の便宜上,対象としての実体とその表象という二分法を利用して記号を定義付けたが,ソシュール(Ferdinand de Saussure 1857-1913)は,記号の対象と表現の二分法は記号体系の二次的作用であるとしている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐ごう ‥ガウ【記号】
〘名〙
① (━する) 一定の内容を表示するための文字、標章、符号など。また、それによって表わすこと。特に文字と区別して符号類をいうこともある。
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「五家の門風を記号することなかれ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「善(よい)かな、この言、実に人々の記号(〈注〉シルシ)に用ひて可なるべし」
② 名称。表題。〔庾信斉王‐進赤雀表〕
③ 概念、数式、命題、推論などを書き表わすために用いられる符号の一般。文字、数字、+-∴∵括弧、句読点など。
※小学化学書(1874)〈文部省〉三「故に其式は N2O なり此の如く記号の上側に数字を書するは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記号の関連情報

他サービスで検索

「記号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation