@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

記名捺印【きめいなついん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

記名捺印
きめいなついん
書面に自署以外の方法で自分の氏名を記して印章を押捺すること。記名押印記名は通常,ゴム印を利用して行なわれるが,このほか,印刷,タイプなどの方法によっても行なわれる。法律上署名は自署が原則であるが,商法上の署名は,記名捺印をもって代えることができる(商法32)。また,手形法,小切手法上の署名は記名捺印を含む(手形法82,小切手法67)。なお,記名捺印は本人から代理権限を与えられた他人が,直接行なうことも認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きめいなついん【記名捺印】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

記名捺印
きめいなついん
文書上に作成者の責任を明らかにするなどのために氏名を記載し、かつ印章を捺印(押印)すること。記名は自署・ゴム印・印刷・タイプライターなどいずれでもよく、通常は、自署(署名)と区別した狭義の意味で用いられる。記名捺印において、記名と捺印との関連はとくに必要がないと認められ、たとえば本名を記載し、雅号を表した印章を押捺してもよいとされる。
 商法上、署名が要求されている場合に、記名捺印をもってこれにかえることができる(商法32条)。手形法、小切手法上、署名は記名捺印を含む(手形法82条、小切手法67条)。
 また、署名・押印すべき者が署名ができないときは他人に代書させて押印することも認められ、押印もできないときには拇印(ぼいん)(指印)でよいとされる場合もある(刑事訴訟規則61条)。しかしながら、婚姻・出生などの届出(戸籍法29条)、遺言証書の作成(民法968条以下)などについては、当事者の署名(自署)と、捺印が必要とされる。[阿部泰隆・戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きめい‐なついん【記名捺印】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記名捺印」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記名捺印の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation