@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

記譜法【きふほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

記譜法
きふほう
musical notation; Notenschrift
時間芸術である音楽を諸記号によって,空間的可視的に書き表わす方法。現在では近代ヨーロッパの五線記譜法が最も表示力に富み一般的。しかし本来は,ある特定の音楽様式と密接に結びついているので,非ヨーロッパ圏の音楽やルネサンス以前のヨーロッパ音楽を五線記譜法で表わすことは,一種翻訳であり,音楽自体を変形する危険がある。ヨーロッパ以外にも高度な音楽文化を有する諸民族は独自の記譜法をもっており,多種多様な記譜法が用いられてきている。そのうち最も基本的なタイプは,(1) 動機譜 基本的な動機または旋律型を,文字か記号で表わす,(2) ネウマ譜 旋律の上行,下行の動きを具体的にカーブで表示する,(3) タブラチュア譜 楽器の奏法を文字,数字などの記号で示す,(4) 文字譜 個々の音の高さを文字で表わす,(5) 譜線譜 水平の線を1本あるいはそれ以上引き,線と音符の水平関係から個々の音符の高さを示す,の5種。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きふ‐ほう〔‐ハフ〕【記譜法】
音楽を図表・文字・記号などを用いて書き表す方法。現在では五線記譜法が広く用いられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きふほう【記譜法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

記譜法
きふほう
notation 英語
notation フランス語
Notenschrift ドイツ語

音楽を楽譜として平面の紙上に視覚化する方法。民族や時代によって異なる約束の体系に基づいて、音楽に備わる時間的要素が表記上の骨格となり、さらに様式的特性(旋律、リズム、和声、音階、装飾音など)が図示的あるいは符号的に記される。

[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きふ‐ほう ‥ハフ【記譜法】
〘名〙 音楽の音を図表、記号、文字、数字などによって可視的に表わす方法。動機譜、ネウマ譜、奏法譜、文字譜、譜線譜など時代や地域によってさまざまあり、現在は五線記譜法が国際的に通用している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記譜法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記譜法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation