@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

記述統計学【きじゅつとうけいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

記述統計学
きじゅつとうけいがく
descriptive statistics
推測統計学 (推計学) とともに数理統計学を形成する2大区分の一つ。 F.ゴルトンや,K.ピアソンなどによって発展した。観察された統計的集団の性質を記述することをおもな目的とし,観察される集団は現実的具体集団 (たとえば何年何月現在の日本の人口) であって,その特性の把握には大量観察が支柱となる。またその特性の記述にあたっては,度数分布平均分散時系列,相関関係といった統計解析が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きじゅつ‐とうけいがく【記述統計学】
数理統計学の一分野。観察対象となる母集団の大量観察に基づいて、その平均分散標準偏差などの値を導き、母集団の性質や傾向を記述する。古典統計学。→推計学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きじゅつとうけいがく【記述統計学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きじゅつ‐とうけいがく【記述統計学】
〘名〙 数理統計学の一部門。実験、調査、観測などによって得られた数値の集合の平均値、標準偏差、モード、メジアン、四分偏差、相関係数などを計算し、記述整理することを目的とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記述統計学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記述統計学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation