@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

記録型DVD【きろくがたDVD/きろくがたでぃーぶいでぃー】

知恵蔵

記録型DVD
直径12cmの記録可能な光ディスク容量DVDと同じ4.7GB(ギガバイト)だが、主に互換性(記録したディスクが他のDVD機器で再生できるか)の違いにより、複数の種類がある。書き換え可能型はDVD-RAM(random access memory)、DVD-RW(rewritable)、DVD+RW、1回限り型はDVD-R(recordable)とDVD+Rだ。規格団体であるDVDフォーラムでは、書き換え型としてDVD-RAMを標準規格に定めたが、互換性が完全でないので、後に-RWや+RWが追加的に開発されたという経緯がある。最も互換性が高いのはDVD-Rで、すべてのDVDレコーダーは、必ずDVD-Rの記録再生機能を持つ。
(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

記録型DVD」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記録型DVDの関連情報

関連キーワード

CDチチタケアル・カッサムカッサムDVD次世代DVDスーパー・オーディオCD(SACD)ブルーレイ・ディスクスーパーオーディオCDSACD

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation