@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

訪問着【ほうもんぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

訪問着
ほうもんぎ
大正末期から今日までの女性の準礼装長着。一般に縮緬 (ちりめん) ,綸子 (りんず) 地に絵羽模様を入れるが,留袖とは異なり,年齢,る場所などによる文様や色などの制約がない。袋帯,組紐の帯締め,絹物の帯揚げ,白の半襟,白足袋,草履を組合せる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうもん‐ぎ〔ハウモン‐〕【訪問着】
女性の略式礼装用の和服絵羽模様の長着で、社交訪問などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

訪問着
[女性用] 訪問着は色留袖の次に格式高い着物です。様々な模様があり、洋服のビジティングドレスのような位置づけにあたります。未婚既婚を問わず冠婚祭・社交着として着用できます。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

ほうもんぎ【訪問着】
既婚,未婚を問わず女性の準礼装用として用いられる着物をいう。明治期のいわゆる文明開化後,上流階級の女性の社交外出着として商品化された。おもに肩裾を中心とした絵羽模様で三つ紋付。華麗な色柄が好まれ,大正時代には新しい生地や洋風の柄もとり入れられ,第2次世界大戦後に一般化した。付下げは戦時中,訪問着などが禁止されたため商品化されたものであるが,当初の上前の(おくみ)を中心とした前後上向きの飛び柄はしだいに訪問着化し,近年はこの付下げ訪問着が訪問着にとって変わりつつある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

訪問着
ほうもんぎ

女物長着の一種で、準礼装として用いる。正式に他家を訪問するとき、また宴会、観劇などのおりに着る絵羽(えば)模様の晴れ着。明治時代の礼装は紋付、裾(すそ)模様の無垢(むく)仕立てに、対(つい)下着を重ねた。大正期になり女性の社交の場が広がると、需要に応じて格式ばらずに華やかさのある社交服が売り出され、昭和に入ると、これが訪問着という名で一般に普及した。生地(きじ)は縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)、夏には絽(ろ)などが用いられ、下着は重ねず、変り裾(表と同色の裾回しが多い)をつける。柄づけには総模様、裾模様、胸肩と裾に模様を入れたものがある。また、振り違いといって、右後ろ袖(そで)と左前袖に模様を置いたものもある。染物のほか、お召、紬(つむぎ)などに、絵羽風の模様を織り出した略装もみられる。昭和の初めまでは、三つ紋、一つ紋の染め抜きか、縫い紋をつけたが、現在はほとんど無紋で、袖丈(そでたけ)も振袖より短く、軽快である。付け下げは訪問着をさらに簡略化したものである。

[岡野和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうもん‐ぎ ハウモン‥【訪問着】
〘名〙 婦人和装の一種。略式の礼服。他家を訪問するときなどに着る衣服。紋をつける場合もある。訪問服。
※南方郵信(1938)〈中村地平〉二「肥った体を裾模様のある訪問着につつんで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訪問着」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訪問着の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation